冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋薬師庵

渋薬師庵の石段




石段


普段ならこのくらい石段ならなんとも屁とも思わない、まだまだ若いし。
でもここまで6時間くらい車の運転、途中駅では走り回り撮影、このくらいでも「まだまだ。」な僕である、ハズ。


渋薬師庵


だけど、これからここ渋温泉を撮り歩き、そしてまた6時間かけて日帰りのロングドライブ、出来たら体力は温存しておいた方が良いとではと考えるのは、
僕は若くないオヤジなんだろうかと石段を見上げた。



薬師前足湯




渋温泉


「えいえい、なるがままよ、Let it be じゃ。」と石段に右足をかけ上り始また。
途中でこの角度、石段の高さは、温泉場にやっていくるジイサン、バアサンでは無理っぽいじゃないのかと思えてくるくらいきつく急だった。
そして若い頃には決してやらなかった、手すりをつかみ、「むんず!」と自分を引っ張り上げるようにして上った。
それでも案の定、息が切れた。


足湯と温泉客

外人さんカップルが石段前の足湯を見て、どうするか?てな感じ眺めていた、やがて腹をくくったのか靴を脱ぎ靴下を脱ぎ始める光景見て
どんな表情するのか気になったが、体力温存、時間短縮型の僕には見ているよりも、また温泉を歩き始めた。





渋薬師庵の石段




石段




渋薬師庵




薬師前足湯




渋温泉




足湯と温泉客


僕は長く急な石段を下から眺めては、「どうしようかなあ。」と登るか登るまいかと迷った。
神社仏閣へ入る前にどうするか迷って寄らなかったら、後で何だか変事があっても、「あの時に寄っておけば良かったんだ。」と後悔してもなあと
右足を踏み出した、上を見てはその急さに気持が萎えてきそうだったので、なるべく上を見ないように足元ばかり見て登った。
関連記事

Newer Entry◇ 長野旅 渋温泉路地を歩く

Older Entry◇ 長野旅 渋温泉外湯 目洗の湯

 

Comments
Edit
こんばんわ
にゃん太郎様 脚力ありますね
この急な階段 尻込みしそうです
でももう来ることもないと思うと登りたく
なりますが 帰りが怖い 膝が痛むだろうし。
6時間もドライブですか すごいな~~
EditRe: モズライトさん こんばんは
脚力なんてありません、車ですから。
これだって、時々乗ってないと日帰りでなんてできませんね、、、通常は温泉泊まりなんでしょうが。

今年は秋田、岩手、長野へ遠征、、、、そろそろ雪、スノータイヤに交換したらもう遠征する気分になれず
来春までですわ、モズライトさんも僕がブログ拝見してた時は新潟市だったのが
遠くまで出かけるようになりましたね、、、それもカメラのチカラなんでありましょうか^^
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >