冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋温泉街を俺的にあるく

石畳の温泉道




嬉しの路地




渋大湯




渋大湯前路地




旅館ひしや寅蔵の路地


何度も書いていることだけど、僕は「美味しいモノは、後のお楽しみ。」の性格なので、歩いていると「面白そう。」と時折僕的なご馳走の光景に出会うと
「でた、でた、でたよ。」と、もっと出し惜しみしてくれればいいのにと贅沢に浸ったような思いにニンマリしながら、路地の奥へと進むむか、後へのお楽しみかと、
一気に攻めず、歩き方。
この感動は、東京神楽坂、本郷、谷中、遠く奈良のなららまちを訪れた時の興奮を思い出した、「なになに、この先があるの?」、
「こんな光景を隠していたのね。」と
「いいじゃん、いいじゃん、もっと迷ってやろうじゃないの。」と、お宝迷路を歩いているような気持ちに久しぶりになった。

温泉地としか印象になかった渋温泉が、まさに僕にはシブい町にみえた。

関連記事

Newer Entry◇ 長野旅 渋 温泉を歩く

Older Entry◇ 長野旅 渋 温泉街の喫茶店ある路地

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >