冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 長野・情景  

◇ 長野鉄旅 長野電鉄 「夜間瀬(よませ)駅」

夜間瀬駅待合室




長野電鉄夜間瀬駅ホーム風景


一枚目の撮影位置は、利用者が線路を渡る「通路?」あきらかに人がいつも歩いている形跡が線路に敷かれた石ころが平らになっていた。
そこを渡り誰もいない駅のホームを撮ろうかとホームに立つと人がいた。ベンチに座りスマホのようだった、僕はその前を通りホームの端まで歩いていくと
銭湯の壁のペンキ絵にもなるんのではないと思える風景に、旅人の僕はスマホで時間を潰すよりも眺めている方がいいじゃなあいかと思った。
でも、最終的にはスマホで写真を撮るのだろうが。



夜間瀬駅ホームと飯盛山風景




ホームと信州山風景

出掛ける前には、Google street viewで前もって下調べ、ナビがあっても意外に思った通りの所に案内してくれない時もあるし、問題は車の停める場所。
通常は駅前にあるものだが、街中の駅だったり、ちょー僻地になるとかえってない場所もあるので、ひと通りの位置、車の停めるスペースも確認する。



長野電鉄 夜間瀬駅




夜間瀬駅ホーム(湯田中方面)

だけど、ここは駅前にあるようだったが、どうも人さまの敷地ぽくて、ここの他にどこかと目ぼしをつけていたのだが、いざ到着すると思っていたよりも狭く、
通行の邪魔になった、「参ったなあ。」と”どこぞに?”とすぐ目の前に農協があった、幸いこの日は土曜日で休業の模様、せいぜい10分くらいと置かせもらった。

こういうのが意外に駅周りして時間を食うのである、駅が目の前に見えているのに車を停める場所がなく、ウロウロ探しては遠くに停めたり、
変に駅の近くに停めるとマイカーが写ったりして、「オレの車じゃま―!」っていうのも数知れず。
関連記事

Newer Entry◇ 長野鉄旅 長野電鉄 「湯田中駅」

Older Entry◇ 長野鉄旅 長野電鉄 「中野松川駅」

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >