冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 雲洞庵の池のある風景

開山堂への廊下




経蔵




大池


内陣横の廊下の窓から、「なになに?」っとその風景に、僕は「ここはお寺だよなあ。」と二度見、三度見した。
それはまるで高原のホテルにでも来たような樹々の囲まれたエメラルドの池の光景があった。
「なかなかじゃんか。」と、眺めていると赤い橋、奥にはお墓、やっぱりお寺だった。


大池と大カツラ




客殿まで廊下と庭


本日、車の運転でシートベルトをしていなかった。公園の入口の影で白い雨具、ヘルメット、警棒のおまわりさんが立っている姿が見えた。
「シートベルトの取り締まりか?」とドキリとし慌ててシートベルトしたのではと、かえって動作でバレやすいと思いながら、おまわりさんの前をハラハラしながら、
目線を合せないように横切り公園の駐車場に入った。
するとおまわりさんから「止まれ!」の指示もなく”ほっ!”としたのもつかのま、その先見えたものは駐車場には数台のパトカー、数人のおまわりさんがまた立っていた。
一難去って、二難も三難だった、ピッ、ピッ、ピッ!と笛の音が聞え、警棒が上下に降られる光景が頭に浮かんだが、どう云う訳かスルーだった。
心臓はバクバクだったが、「ホッ!」とした。
なるほど、最初のおまわりさんが違反者を見つけて誘導、それで他のおまわりさんも反応なんだろう、僕は白いヘルメットおまわりさんが見落としくれたので助かった。

そしてその後で「ピッ、ピッ、ピッ!」と他の車が誘導され、おまわりさんがその車の運転席に寄るのを見た。

この隠れ蓑状態の僕、これも、ここ雲洞庵に参拝したご利益なんだろうかと思わずにはいられない人(-.-) であります。


関連記事

Newer Entry◇ 雲洞庵座禅堂のある風景

Older Entry◇ 雲洞庵本堂

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >