冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 雲洞庵本堂

内陣前




火灯窓と庭





本堂前の大香炉




雲洞庵の裏庭


窓から裏庭を眺めていると、他県にあるなら「なるほどなあ、こんな立派なお寺があったのね。」の軽い驚きだったのかもしれないけれど、
ここは我が新潟県である、「雲洞庵」の名前は知っていただけに、緑を眺めながら「何でもっと早くに来なかったのか。」と後悔と県人として
義務を怠っていたような気持ちになった。


雲洞庵





開山堂への廊下


昔、京都の人に雨が降ったら観光は「禅林寺」がお勧めですと言われたことがある、雨でも濡れる事なく広い寺社内をぐるぐると巡れるのだと。
そして僕は「そのか、なるほど。」と思ったのは天気の良い紅葉の綺麗ない時、これなれば寺社内をぐるぐる歩いたのだけど、
ここもそんな感じがしてきて、拝観料300円もお得のように思えた、だいたいに撮影出来ても気兼ねして”やめとくか。”とかもあるが、
ここでは「撮影は自由」ってことで、ニコニコと撮ってはいても過去の事例から「ここ本当に撮っていいのだろうか。」とちょっとばかり申し訳ないよう気分にもなった。

関連記事

Newer Entry◇ 雲洞庵の池のある風景

Older Entry◇ 雲洞庵本堂にやっと足を踏み入れる

 

Comments
Edit(嵐)が去って・・・
(嵐)は過ぎ去ったようですね。

私が行ったのは随分前で、、、誰も参拝者はいなかった。

で、友人が行ったのは(天地人)の真っ最中で、大型バスがズラリと並び、押すな押すなの大混雑で、歓迎のテントでオバチャン達がおもてなし。

にゃん太郎さんのお写真にも、撮影に邪魔なな人影は無いようですもんね。
EditRe: アイハートさん こんにちは
参拝者はいました、数日前の更新のものに入ってます。
人が通りすぎるのを待ったり、撮っていると逆に後ろで”撮るのを”待っていたりで、
逆に人が思ったよりもいたのに意外でした。

どこかで書いたのですが、帰る時県外ナンバーのバイカー40台くらいが
どどどど・・・と駐車場へ入ってきて目がテンで僕は眺めてました。

なので参拝者は、日にち、曜日、時間帯、お天気により左右されるのではないかと思いますが、
でも新潟ですからねえ、それはそこそこなのかと、
でもここはモミジが多いので
今頃は紅葉兼ねて人の姿があるのではないかと察せられます。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >