冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◇ 短編的な記憶

村上の道しるべ




WANTED

村上市のイベント「屛風まつり」に行った、毎年1回で来ても10年で10回訪ずれ、春の同じようなイベント「お人形さま巡り」も含めたら20回は裕に村上を訪れる、
なので目新しいような見る所もなくなり毎年同じような所ばかり撮ってばかりではと、あえてイベントはそこそこにして普段の村上歩きをした。


村上屏風まつり 早撰堂




いとしマリリン


マリリンがいた。
昔、重役お客さんから三和シャッターのマリリン・モンローのデカいカレンダーポスターをもらった。

それ以前にその方の広い重役室に入った時、壁にはマリリン・モンローのポスターが何枚も貼ってあった、僕がぐるりと壁を見ながら「おー!」とつぶやくと
「好きなんだよねえ。でも家では貼れんからなあ。」云った。それは自室、家の構造なのか奥さんの理解なのかは、わからなかったが僕も金髪のお色気ムンムンの、
「マリリン・モンロー」に”アメリカ―!”って感じが好きだったので、「良いですねえ。『お熱いのがお好き』 レーザーデスク持ってますよ。」と云うと
「君、若いのに、この良さわかるかい。」と、そんなことで話が盛り上がり、ある日その会社をまた訪問すると「ほら、これやるよ。」と、
重役はデカい筒状のモノを差し出した。
それは三和シャッターのデカいマリリンのカレンダーだった。


切り子


もらって本当に嬉しかった。
しかし、家では大きいので貼る場所もなかったし、だいたいに貼るにはもったかったので、ずっとずっと仕舞ったままだった。
そして今年のそのカレンダーポスターと『お熱いのがお好き』などのレーザーデスク、レコードと、まとめて売ってお別れした、売値は全部で悲しいくらいの6千円だった。


寺院のぞき


そしてマリリン・モンローは 『帰らざる河』になった。

関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/25(火)  00:01 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<◇ 新潟市北区(旧豊栄地区)を歩く エロだって歳をとる。 | ホーム | ◇ 迷いたどり着いて浦佐毘沙門堂>>

コメント

オォ~!、ここにもマリリンが・・・、素敵な笑顔。
そしてワンピースの手配書、欲しい!

盛りだくさん、ヨダレでそうだ。
  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. marukei #-
  4. [ 編集 ]

Re: marukeiさん こんにちは

ワンピースの手配書は、見たことがないのでよー知りません。
そんなにレアなんでしょうか、ひょっとして手配書の内容よりも、
”貼り紙の手配書”自体が WANTED のようでありますね。

マリリンのカレンダーポスター、、、ここに貼られているのは、
捨てるには捨てられん、、、思いがあるのかもですね(@_@。
  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #Jlv6/qFE
  4. [ 編集 ]

マリリン・モンロー、イメージでセクシーな人ぐらいの認識。
何年か前、BSの映画番組で「お熱いのが好き」を見ました。
えっちなのを期待していたら、熱いのはジャズのことなんですね。
確かにマリリンは可愛いとは思いましたよ。(笑)
そういや、近くの酒屋に大きめの人形があった。
  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. VIVID #-
  4. [ 編集 ]

三和シャッターさんのモンローさん、、
私の部屋に貼ってあります。

毎年ポーズが変わるんだけど、呉れる人が退職したので・・・ その後の更新は無く、
ずっと同じままで。。。

年月も止まったままでも、なんら問題無く。
  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. アイハート #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは♪

>そしてマリリン・モンローは 『帰らざる河』になった。
**旨いですね!!パチパチ。
で、ついコメント・・・を。
最初は、批判的な目で見ていたけど、
段々と好意的に見るようになりました。
彼女の魅力が分かって・・・。可愛い人でしたね。
映画は殆ど見ました。
「お熱いのがお好き」「紳士は金髪がお好き」
「バス停留所」「ナイアガラ」「帰らざる河」
アメリカのケネディ大統領とも、ホワイトハウスで、デートしていたようです。

  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. 梅サクラ #zwRScLrQ
  4. [ 編集 ]

Re: VIVIDさん こんばんは

亡くなってから知ったんでは遅いと云いたいのですが、
かえって今の方が情報はネットでそろう。

昔はスターと云えば映画館・雑誌でしか観れかったのが
今では家に帰れば映画・動画なのでいつでも好きな時に観れるのはの良い時代ですね。

昔東京高田馬場駅あたり電車からマリリンモンローの質屋看板見えましたっけね^^
  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #Jlv6/qFE
  4. [ 編集 ]

Re: アイハートさん こんばんは

お、御宅にもありますか、デカいですよねえ、貼り場所に見つからないくらい。
貼れても変な所じゃ嫌だし、貼らずじまいが最後までになりました。

お客さんの重役さんは、何かツテもらえるらしく色々なのが貼ってありました。
ポスターなんだけどカレンダーになっているのでちょっとばかり貼っているいい訳になる(笑)

死んだ人は歳をとらない、それがみんなの印象に残るですね。
  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #Jlv6/qFE
  4. [ 編集 ]

Re: 梅サクラさん こんばんは

ご理解していただき嬉しいです。
それこそ「お若いのに、よくまあ知っている。」ですね^^

実物は違うのかもしれませんが、
みんな映画の中のイメージで勝手に想像した独自のマリリンがいる。
歌まで歌われたもんじゃあ、もうたまりませんw
なので映画を観ても、「これは違うぞ。」というものありました。

一度も貼らず、当然鋲の跡もないカレンダーポスター、今さらに早まったかとも思うのですが
やっぱり部屋、家を見回しても貼る所がないですわ。

やっぱりデカいオードリーヘップバーンのカレンダーポスターは貼っているのですが、
それだって今は棚の裏ですわ。


  1. 2016/10/25(火)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #Jlv6/qFE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanta2030.blog.fc2.com/tb.php/1806-1e2ba53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1145)
情景・モノクロ (221)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (21)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (127)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (18)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (45)
奈良・情景 (87)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村