冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 新発田散策と四十七士

大栄町といいでの湯の煙突

新発田市は何度も歩いたけど、やっぱり駅前のシャッター通りが目立ち寂しい光景に最近は「なんもねえ街になってきたなあ」だった。

「つまんねえ街」のイメージをリセットしてゼロから新発田をまわる気持ちで歩いた。
それでも新しく変わっていたり、あった家がなくなって空き地になっていたりすると、「変わったなあ、この辺は何年ぶりだろう?」とやぱり昔の新発田を思い浮かべた。


長徳寺





長徳寺

「そうだ、そうだ。四十七士に会いに行こう。」と長徳寺を目指すと、カメラを持った僕を見て犬の散歩中のジイサンが「寺廻りですか?」と聞いてきた。
僕は「新発田散策ですわ。」と答えたが、”寺廻りですか?”の一言に、改めてオレってそんな寺廻りするような年代になったのかと、
自分では寺廻りはなんとも思ってなかったけれど、改めて人から云われた一言が僕にはオヤジからジジイになったのような気持ちさせのだった。


義士堂




義士堂

なるほどなと四十七の像を見て、若い浅野内匠頭もジジイの吉良上野介の何気ない一言、一言が、気になりついには若さゆえの堪忍袋が切れたのかと
そうしてこれらの四十七の義士を動かしたのかと、関係がさっき見た犬の散歩のジイサンが吉良上野介に思えた。


長徳寺義士堂




顕法寺




顕法寺の手水




新発田自衛隊駐屯地と新発田城


新発田自衛隊の「白壁兵舎広報史料館」なんて出来たんだと「無料」の文字に釣られ中に入った。誰もいないのではと思ったらそこそこに入場者がいた。
そんな所を出だしに新発田を歩くと、いつもの新発田歩きとは「ちと変えてみようか。」と何年も前に歩いた寺町を歩く。
関連記事

Newer Entry◇ 新発田裏路地散策

Older Entry◇ 海雨(うみあめ)

 

Comments
EditRe: 鍵コメさん こんばんは
広い海原にで出たら何が起こるかわかりません。気合です (`□´)//
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >