冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 海雨(うみあめ)

ススキと日本海

山頂の秋。


大佐渡小佐渡と日本海




佐渡島(小佐渡)と日本海




海に降る雨

雨雲が日本海に、海に降る雨である。
いつも感じるのが植物の水やり同様に大地に降るならわかるのだが、海へ雨が降る光景を見ると「なんだか、もったいなあ。」と思うのである。


日本海


ここまで来るまでは”頭上は青空、遠くには入道雲”とそんな光景のイメージを撮るつもりにいたのが、晴れどころか雨雲である、まったく想定外。
でも、「これもありでしょう。」に僕はなっていた、何台かの車が途中の駐車スペースに車を停め、同じくこの光景見て「うわー。」とカメラを向けていた。


関連記事

Newer Entry◇ 新発田散策と四十七士

Older Entry◇ 新潟平野の中心あたりから愛をさけばない。

 

Comments
Edit
1枚目と最後の写真、海の表情が良いですね。
日本海特有の表情なのでしょうか?
瀬戸内では見れないような気がします。
EditRe: VIVIDさん こんにちは
そうそう海、僕も島々が浮かび、向こうの陸が見える瀬戸内海を見た時に、
「なんか違うなあ。」と思った記憶があります、それでも沖には佐渡島、粟島が見えるのですが
沖には何にもない太平洋では、思わず「海は広いな、大きなあ~♪」が頭に浮かびました。
Edit
うわあ… これはドラマチックな風景です^^
なかなか巡り合えるものではないですね。

遠くに見えるのは佐渡… でしょうか。
勤務先の施設の利用者さんが丁度佐渡島へ
旅行に行っておられたので、思わず食いついて
しまいました。
EditRe: ta-raさん こんばんは
海の先に見えるのはおっしゃる通り佐渡島であります。

30数年行ってません、
風景では海は良いなあなんですが、海を渡るとなると結構な旅費、
同じ金額なら気軽に行ける陸地へ車を走らせてばかりで、
佐渡は久ぶりに行ってみたいといつも思いつつ、山形、福島、富山、長野と他へと行く小生であります。

聞く話では、佐渡の人間がこちらに来ればフェリー代は半額らしいです。
また同新潟県内の人が佐渡へ行くよりも、県外からのツアーの方がずっと安いのだと聞いたことがあり、
近くて遠い、佐渡なのであります。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >