冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 青い夏の思い出

越路丸




水カゲロウ

「ボートをぼーと眺めてました。」、「ゆれる水面を皆も見てました。」、「帽子を忘れて、ぼうしましょ?」、なんてくだらない洒落が暑さでか浮かくらい
頭の脳みそがとけて思考がおかしくなった、立ち止まりバッグからボトルキャップのブラックコーヒーを出して、ゴクリとやった。

そしてそんな夏が終わった。
白鳥の声を聞き、僕には秋を通り越えて冬が浮かんだ。

毎年この頃に思うのは、暑い夏が終わり、「暑かった夏よ、カンバッーク!」である。
気軽に車で秋田県まで遠征なんて冬場になったら無理、5時間の所を何時間掛るのか見当もつかなくなる冬なので、遠くへは気軽に行けずの冬は、
ジッとしていられない僕はたまらない季節になる、その本格的冬まで2カ月、これからどう過ごすか、撮り歩くかと考え中である。

関連記事

Newer Entry◇ メディアシップ俯瞰

Older Entry◇ とある館に吹いた風

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >