冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 出雲崎の港で

出雲崎港の突堤




出雲崎の港

突堤に登り歩いていると、係留されている船の船尾辺りの海の中を、ふたりの男の人がのぞいていた、一人は指をさし二人して「何だろう?」的にのぞき込んいた。
僕も「何があったんだ、何なんだ?」と気になったが、僕のいる突堤からだと2mの段差があり、飛び降りて見に行くなんて簡単に出来ないものだから、
僕は尚更に気になった。


漁船の映り込み




ヒトデ

そのふたりの様子から想像するしかなかったが、見えない分僕の想像では段々大物感を増してきた。

結局は、見れないので分からずじまいだったが、あとで「この辺りだったな。」とその海の中をのぞいてみたが、何も変わった所がなった。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

Newer Entry◇ 出雲崎の石井町あたり

Older Entry◇ 晴朗なり出雲港。

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >