冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 出雲崎のお祭りの終わった日

入母屋の舟屋造り




出雲崎のお祭りの日

片づけ忘れているのか出雲崎の町並みを歩いて、ここだけ残されいた。
僕は、先ほど聞いたジイサンの神輿を担ぐ人間がいなくなったという話を思い出し、ここ町内だったのかと気がついた。
そして案の定この先の石井神社へ行くと、氏子のオジサンたちは神社後片づけをしていた。


のり船


「のり船か~」と、錆びて黒くなった看板を見て出雲崎でも海苔が採れたんだなと渋い看板にカメラを向けた。
そして立ち去ろうとすると頭の隅で疑問が「待て!のりだあ?」と、もう一度じっくりの錆びた黒い看板の文字を見直すと「のり船」ではなく「つり船」だった、
「そうだろう、そうだよねえ。」的に謎が解けたような納得のすっきり気分で新潟に海苔なんて採れるなて聞いた事がないもんなあだった。


漁師小屋


そして、「そうだろう、そうだよねえ。」の感心した後に、その上の赤い屋根の傾きは、年月から来たものなのか、それとも意図的に計算されて
造られたのだろうかとその屋根の角度がカッコよく見たのだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

Newer Entry◇ 晴朗なり出雲港。

Older Entry◇ 赤いクランクの矢印のある曲がり道

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >