冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 出雲崎のお寺をあちこち歩む

お寺の緑




お寺の紫陽花


今年も紫陽花の時期なり、鎌倉の紫陽花は人様のブログ拝見で終わるなと思った時に、寺の多い出雲崎訪れて紫陽花の咲いているのを眺め
「鎌倉散策」のつもりで雰囲気だけでも鎌倉を味わおうと、お寺を歩き紫陽花を追ったけれど、紫陽花の旬は「遅し」みたいだった。



お寺の参道




由利女の逸話

出雲崎の通りにあちこちに逸話が描かれた看板がある。
その何枚かに由利女の逸話が描いてあった、かいつまむと病身の親のいる所に嫁に入り、文句も言わず家事をこなし親の面倒までみて苦労、
それを周りは「よくやるなあ、あの由利さんは。」って噂が立ち殿さまから褒美をもらい、その殿様からまた江戸へと伝わり江戸幕府から褒美が出たって云う話。
偶然その由利女墓の前を通り、「あんたはそんなに凄かったんかあ。」とどんな人か実物を想像した。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

Newer Entry◇ 出雲崎夕日ライン橋の上から

Older Entry◇ 出雲崎の赤いトタンの家

 

Comments
Edit
はいはい、、見ました。
(孝女百合)ですね。。
今は昔の物語。。

今回は、良寛さんは無しですか?
EditRe: アイハートさん こんばんは
団体さんで出雲崎をまわるとなると
伝承されてきたお話の説明はあちこちで聞かれましたかね^^

そんな逸話よりも、油田のたくさん立っていた頃の出雲崎の風景が見たかったです。
地元のオヤジさんの話では、リアルのそんな光景見ていたんだと聞きました。

油田は効率の悪かったんでしょうか、これからメタンハイドレードですかね(笑)

良寛さん、いつもは撮らないのですが今回は撮りました。
しかしちょっと後になりそうです。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >