冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 沼垂本町、紫陽花の咲く頃

沼垂本町あたり




畳屋のある小路


この時、街を歩き回りのどはカラカラ、そこで何か飲もうとコンビニ入るも、この時僕の目は「ガリガリ君」へ行った。
飲み物もいいが、この暑さ、冷たいアイスの方がどんなにいいか、そして清算をしてコンビの前で立ち食い。
それは冷たく甘いアイスキャンデーが口の中で広がりそして一気に冷え、「これにして正解だったな。」と思い至福の喜びと共に一気に僕は食べた。


紫陽花さく新潟市沼垂本町


そして僕はコンビの前で、やっぱり来るものが来たのだった、口と頭がキー―――ン!となり悶絶うちそうになった。
我慢してちょっと歩けば少しは痛さも緩むだろうと歩いてみたが、収まる事をしらず、そんな中で畳屋の「畳」の文字が目に入るともしも自宅の畳の部屋だったらと
僕は畳をバンバン叩きまくり何とか痛さを我慢できたろうにと想像した、それでも冷たい痛さの中で畳屋の脇小路光景が目に入りカメラを向けるも、
頭と口といい冷たさが止まずに悶絶しながらファインダーを覗き、震える指でシャッターを押した瞬間だった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

Newer Entry◇ 沼垂東シャッター閉まる頃

Older Entry◇ 陽が落ちて、アルコールの街

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >