冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◇ 長岡市殿町あたり

上越線ガード下




殿町通り

街のあちこちには駐車場はあるのだけれど、僕はどうも駐車料金て何でそんなに高いの?派なので、計画的に動かないブラブラ派なので僕としては駐車時間なので
「今も車にもどれば〇〇〇円。」とか気にしなくていいように、安い、出来たら無料でおける所におく、駅、図書館、公会堂、市役所、休日の銀行などなど、。
ともかくもこの日、長岡市図書館に車を止め、長岡の駅前辺りまで1km歩いた、その方がまた普段の長岡も歩けるしと上越線のガード下を通り、
長岡市の「殿町」に出た。


長岡市殿町




長岡の雁木というアーケード

長岡を歩いて気がついた事、雪、雨のためのアーケードなのだが、普通なら道路ぎりぎりまで支柱を立てそこに屋根を掛かる。
先日記事の高田の雁木などのパターンだが、ここ長岡では、アーケードの支柱から道路まで普通の?歩道になっていて、
雁木で人様の家の敷地を歩いているのは申し訳ないなあと思えばここを歩くのかそれとも自転車用かと、「なんじゃろうなあ?」と長岡の街を歩いたが、
他の気がついけばそれは道幅が広いからもあった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/23(木)  00:01 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<◇ 長岡市坂之上町の壁画 | ホーム | ◇山形日和の駅旅>>

コメント

花の町通り と掲げられた通りに、
誰も通っていない情景があって、、、、、

これ、人通りがなくなった瞬間を狙って写真撮った訳ではないですよね?   ほっ。
商店の店先に活気があったのは、昭和の頃?
かっては、通りにはもっと生活感が溢れていたはず、
たしか、ここは総理を出した地盤だったはず。
日本中の地方都市がこうですね。
それを、もう何十年も、政治は放ったらかしにしていますね。

何が日本の経済力なのか、
地方都市が本当の活気を取り戻さなければ、
その中味は空洞、ウソですね。
東京だけが高い山のテッペンで、裾野の地方ががこれじゃ、テッペンすら崩れて来そうで、
ヒタヒタと日本の衰えが迫っている様な気がします。


  1. 2016/06/23(木)  
  2. URL |
  3. cosmos #ftr86F3A
  4. [ 編集 ]

Re: cosmosさん こんばんは

ここ殿町は花街なんですが、昼ってこともありネオンのない町通りは静かでした。
とはいえ車は頻繁に通るので通過待ちをしたりしてましたが、
まったくいなくなるってこともなかったです。

田中角栄の地盤とはいえ、今は関係なくどこも同じような
生活感とか繁栄の風景はなく、多分昔はすごかったのかもと想像してます。

>東京だけが高い山のテッペン
まさに地方の商店街は、衰退へ道どころか衰退、シャッター街は当たり前なんですが
だからって買い物をしなくなった訳でもなく、車社会になり車で移動して駐車も無料で心配ない所へと
みんな客は流れてますえ、街の中心にいたお客は、郊外のショッピンモールへと、ここへ行くとどこからこんなに人が沸いてでてくるのか思うくらい。
なので東京の活気のある商店街を通ると、嬉しくなってきます。
ただ僕は旅人なんで、旨そうな惣菜があっても買っても持って帰る訳にいかず見るだけですが、

それでも僕はそんな東京なのど商店街をカメラをぶら下げ歩いてみたくなります。

ただこれから日本は老人社会、車うんぬんと云っても、、、、また地元へと帰っていくのでは思うのです、
それをひしひしと狙っているのがコンビニですね(笑)
  1. 2016/06/23(木)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanta2030.blog.fc2.com/tb.php/1675-cb51a75a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1102)
情景・モノクロ (220)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (20)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (120)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (9)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (36)
奈良・情景 (12)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村