冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 越後高田の梯子

大町通りの梯子




高田大町通り




大町通


同行者が、「あの梯子はなに?」と云った。
雪国に住んでいながらわからんのかと僕は思いつつも、「あれは雪下ろしで屋根に上がるための梯子だよ。」と云った。
そして梯子が各家庭にあり、こうやって常時設置されているのは我が新潟市比べたら積雪量が全然違うってことであり、店の看板も雪下ろしの邪魔にならないように
あんな風なんだと説明すると、「へ~。」と感心したように梯子を見上げた。
当然屋根の造りだて、雪が下しやすく、滑って落ちにくい角度で、滑らせて下すにトタン葺きと長年の生活知恵が生かされている。


仲町




大町の花かご


ここ高田の町家ギャラリーに展示された一昔前の積雪の写真では、道路幅いっぱいで1階の屋根まで雪が山になった光景があった、それは多分積雪と
屋根の雪下ろしで梯子に登り雪を家の前の道路に落としたからなのかもしれないが、それが本来の高田地方の冬の風景だった。
当然そこには雁木の必要性と仕組みが生きてくる。

今は、道路事情も良くなり除雪車出動も増え、消雪パイプ、排水設備、そして温暖化で年々の雪が少なくなってきているとはいえ、
そこは誰もが知っている雪国の高田である、それゆえの梯子風景である。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

Newer Entry◇ シネマ・高田世界館

Older Entry◇ 上越市高田 大町通り

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >