冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 梅の花咲く頃

わんこ




西堀通のワンコ

や、や、や、だった。
今日やっと立ち上がったばかりのように足を広げて危なげに体を支えていた。
この時くらいの小さいワンコなら可愛いのだが、あと2、3年したら僕はきっと近づけないかもしれないだろう。


白山公園


写真は「梅」なんだけど、
桜が咲き始めの日課の夜のウィーキング、「いいねえ、いいねえ。ここは今ひとつかな。」と上を見ながら歩いていたら転びそうになった、
いつも歩いているコースでも油断できない桜開花だった。


白山公園の梅


それなのに、午後8時の暗い公園の外灯の下でキャッチボールをやっていた、見えるのだろうか?

だがその光景は数年前から見ていた、いつも脇を通る度にマンガ巨人の星をリアル化したような光景に、「お父さん、あんたは星一徹か?」と
小学生の男の子に、時にはフォームを教え、時には走らせ、時にはデカい声で「何やってんだー!」と怒る。ご苦労さまじゃなあと思いつつもそこまでやるものかと。
子供は暗く離れて良くは見えてはいないけれど、時折聞こえる「ハイ!」の声がコーチするガンコおやじに尊敬の念を感じるているように見えた。
僕もオヤジにそんなスパルタを受けていたらプロ野球の選手にはなれなかっただろうが、今とは違う人生になっているのだろうと「うーーん。」と唸るのであった。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
「スパルタ」というとどう云う訳か「アスパラガス」を思い出す小生であった。 いつもありがとうございます。
関連記事

Newer Entry◇ 海辺、急がばまわれ

Older Entry◇ 寝屋、音のある風景

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >