冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◇ 村上市 「味匠 喜っ川 」

喜っ川




お雛様




電気配線

ここではいつもは鮭がたくさん干されぶら下がっている光景を撮るのだが、10年も見ていてると撮り飽きてくるものである。
一生懸命鮭のぶら下がっている光景を撮っている人を尻目に、 僕は「なんかねえもんか?」きょろきょろと目をやった。


炭火

恒例の村上市の春のイベント 「お人形さままつり」に行った。
各家、お店には代々家に伝わったお雛様を飾りかざり観光イベントとして約ひと月3月の間開催される。
しかし、3月っていうのは雪の降る日もあるくらいで、毎年来ていても暖かった記憶がないくらいこの日も街を歩いていると
「寒~い。」だった。

それに、この店に入ると炭火に目が行き自然と手までもが炭火へと行きすりすりと手を温めたが、火というのはどうも魅入ってしまうようである。
ついつい僕は手をかざしながらにたそがれに入った。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

Newer Entry◇ 村上旅情気分でカメラ散歩

Older Entry◇ 馬下の石

 

Comments
Edit
何時見ても素晴らしい写真ですが、
写真提示の構成に感動を覚える記事でした!!!

追記:「海を見ていた午後」でトイレ事情のことを書かれていますが、あれを読んで「あるある!」でした。特に台湾に行ったときは多かったですし、なんでも中国じゃ当たり前だのクラッカー???(笑)
Edit
私も最近漁港でゴミを燃やしているのを
撮りましたがベースがゴミなので
美しくないのです 炭火は美しいです。
炭火はパチッとハゼたりするのが
聞こえてくるようでいいですね~
その上の配線も好きです。
Edit
ご無沙汰しております。

 素敵なモノクロですね。
 一瞬 フィルムかと思いました。
EditRe: アンティーさん こんばんは
トイレ事情ってよく考えたら日本だけではないのですね、国際的な問題ですよね、当たり前かあ。
気分よく海外旅されてそんな場面に遭遇すると、そのインパクトはトラウマのように残り、
台湾、中国のシーンを見る旅に「そうそう便所がねえ。」と思いだしそうです。

一度くらい流さないでトイレを出てみたい衝動もありますが、それが出来ない僕であります。
EditRe: モズライトさん こんばんは
スイマセン、
小さくは鳴っているのかもしれませんが、
炭火は焚き火と違ってハゼません。
ハゼるのは、枝や木っ端などの燃やしている時、
そんな燃えが炭なった訳なので、遠い昔にハゼ終わっているのかもしれませんね。

それにしても火、炎には人間は魅入ってしまうようです、そして熱いと感じていても
ぼーと見ているとゆらいできませんか。
EditRe: higemajinさん こんばんは
ご無沙汰であります^^

実は最近、綺麗、すっきりとしたデジタル画像に嫌気がさしてきて
自分なりの画像をと暗中模索であります。

だったら銀塩カメラに変更したらなのでしょうが、気軽撮れるデジタルカメラは自分に合っているようなので
撮影だけはデジタル派ですわ。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >