冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 海辺の事情

上新栄町の冬の海




本日波高し

一人の女性が砂浜へと歩いて行った、見ているこちらが何だろうと気になって様子を見ては勝手に僕は想像した。

「もうすぐ3月11日ね。」と、当時の色々な事を思い出しているだろうか。
それとも船に乗って旅立ってまだ返って来ない旦那の事を思い、「返って来て~!」と叫けぼうか迷っているのかしれない。


冬の海

昨日、息子に言ってしまった事をちょっと言い過ぎたなと反省し、今晩どう謝ろうと、ついでに夕飯はとんかつしようかと思っているのかもしれない。
あるいは人類最後の一人になった時ってこんな風に海を見るのかもしれない。

そんな理由なんてなくたって眺めていたくなるような海には不思議な魅力がある。
僕は理由がなくても海へ行く。




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
関連記事

Newer Entry◇ 昔日の旅もよう 普段の京都

Older Entry◇ 春のあられ

 

Comments
Edit
海は〈海は広いな、大きいな」という唱歌を
思い出します。先日の旅で相模湾の海で
長い事荒波を写していた息子です。
Edit
これも、
いつもの胎内市の荒井浜ですか?
このむこうに佐渡があって、晴れた日には見えますか?
EditRe: 海・・・あやめさん こんばんは
海は顔というか表情を色々見せてくれます、
穏やかだったり、荒れていたり、そしえ唱歌の「海」がそのまま浮かんでくるような風景もあったりして
年中見ていても見飽きません、それでか写真も撮ってばかりで海のストックも山になってますわ(笑)

荒波はやっぱり冬ですね、普段なら台風のニュースに出てくるような大波も、普段の冬の光景では当たり前になったりして
結構それを目当てに見に来ている人が多いようです。

EditRe: cosmosさん こんばんは
ここはいつも胎内市ではありません、30km離れた新潟市であります。
新潟県は海岸線が長いので海岸風景は撮るのに困りませんが
それでも絵になる所は限られているようです。
ここの浜辺は胎内の海に通うようになる前は、この辺りが多かったです。
このあたりは、しっかりとした海水浴場なので、シーズンになるとカメラを持ってぶらぶら歩けなくなると
胎内の荒井浜へと行くのは増えてきます^^
Edit
世界の果て、というのはこんな感じだろうかと思いました。でも、荒涼としているのに、どこか明るさや希望を感じるような……。一人たたずむ女性も、想像をかきたてられます。
EditRe:おしゃまさん こんばんは
海へ写真を撮り行って、誰もいない浜辺にこの時一人女性が歩いていきました、
写真でも撮るだろうかと思っていたら一人荒れた海を眺めていただけでした、
「なんだなんだ、この人は?」と遠目で見ていたのですが
僕も写真こそ撮ってはいるものの、とりあえず目的もなく「ただ海へ」だったですが
「俺も同じかあ。」と気が付くのにちょっと時間がかかりました(笑)

昔、若い女性から冬の海を一人で1時間見てましたと聞いたことがありますが、
冬の海は見ていて飽きないですが、、、、目から涙がにじんで来るほどに寒いんですよね (@_@。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >