冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 銀杏の焦り

早川神社と銀杏




地蔵堂の屋根




早川寺




早川の神社


しっかり頭の中のスケジュールには入っていたが、銀杏の風景にはここもやっぱり遅かった ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!

ここへ来る前に胎内市の乙宝寺も寄った、何年前かに見た雨の日の枯葉風景が印象深く、今年も行ってみるかだったが、そこでも「遅かったですよ。」とお寺の人に言われた。
「ガビーン!」とショックはあったけれど、隠し玉で ”でも、ここがあるからな。”と村上市早川へと向かった。
そういう時って、早く見てみたい、撮りたいという気持ちで焦ってくる、運転中も信号に引っかかると、ちょっとイライラ、ノロノロ軽トラがいると、隙を見て追い抜いた。

そして車を止めてここまで10分歩く、、、、気持ちは焦り歩くのだって小走りになっていた、そんな中でここの銀杏風景はどうだろう?
いつもより早歩きしながら早く見てみたい、どうなんだろうと、ちょっとドキドキ、胃もキリリ、「銀杏の焦り」=胃腸の焦り=ストレス、なるほどなあと変な関係が浮かんだ。
着くとその焦りも消え、誰もいない光景に「ほー!」と手付かずの宝の山が全部手に入れたような気持ちになったのだった。


焦りは禁物 、ありがとうございます。
関連記事

Newer Entry◆ 早川の中心で「ここはオレが見つけたんだ~。」と、主張を叫ぶ

Older Entry◆ 「黄昏ビギン」とはいかなかった

 

Comments
Edit
あるほど〜

 ありますね〜
 その場所へ向かう途中
 期待と不安で、そわそわしますね。
 こんな時、フィルムカメラはダメかもしれません。
 堰を切ったようには撮れないから・・・(笑)
EditRe: higemajinさん こんばんは
撮影目的までの間がもどかしい時もあります、
そして途中で見えた「良い風景」も、とりあえず今回はスルーとか
後であん時撮っておけば良かったと思う事も多々ありますわ。

フィルムは実に良い色、艶を出してくれ良いなあと感じるのですが
でも上記のようなせっかち派の僕、枚数制限があると良い風景を見ても
「待てよ、この先にもっと良いのがあるのかも。」となり、撮らなかった後悔が増えそうですわ。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >