冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 黄色い里の小屋

蛭野の黄色い風景





銀杏の納屋





銀杏の国の納屋


銀杏の見頃が終わった銀杏の里を歩いた。
今風の家は少なく”建ったのは昭和だろうなあ。”と思われる家ばかり、そんなあちこちの家、小屋、納屋に黄色い銀杏の葉っぱで積もっている。
ある家の小屋を今年も撮った。撮っている最中に男の子二人が傍らに走って来てはしゃいだ、”確か、ここの家の子供だったはず。”と目線をやると
仲が良さそうに別に何がある訳でもなく、いちゃいちゃ、ニコニコしてしていた、弟くんは兄ちゃんが好きなんだろうなあと思った。

急にこの子らが成人した20、30年後、どちらが家を継ぐか、二人とも家を出るのかもわからないけれど、その頃には僕が毎年撮っているこのお気に入りの小屋はあるのだろうかと
そんな事を思いながら「君ら次第だなあ。」と少年たちに再び目線をやった。

いつもポッチ!ありがとうございます。
関連記事

Newer Entry◆ 遅かった(黄金の里)蛭野

Older Entry◆ 府屋港の釣り人

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >