冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 府屋漁港

府屋漁港




歓迎してくれないネコ




府屋漁港の水


港に着くと白猫が歓迎してくれたのかと思い、こちらも友好のしるしに記念写真をとカメラを向けるがこちらを見向きもしない、猫まっしぐらだった。
僕は、「何だこのやろう!」と意地になってカメラを向けたが、あっさりスルーの白猫さんだった。

港は奥行き横広がりとスケール感のない、さっぱりしたインパクトの薄い小さい港だった。
が、海の水を見ると「ありゃあ?」と海藻こそ沈んでいるものの透明度が高く、この日の青空を吸収しているのように海水は青く感じた。


新潟県の海岸線を走り各地区の海を見ているけど新潟市よりも新発田市⇒胎内市⇒村上市と水は段々に綺麗になっていくのはわかってはいたが、
ここ府屋が一番綺麗なのではないかと感じた。


関連記事

Newer Entry◆ 府屋港の釣り人

Older Entry◆ 村上市府屋漁港のオレ

 

Comments
Edit
漁港と猫
よく似合いますね
で 我がもの顔で歩いて
よそ者が来たって逃げるのでしょうね?

港の風景 好きなのですが
遠くてなかなか行けません・・・。
EditRe: トマトの夢3さん こんばんは
港に到着するとオジサンたちが「もういくのか?」と語りかけの声を背して
僕の前へ、そしてささっと消えていきました、いかにも猫らしい行動でありました。
きっと餌の魚とか時々もらっているのかもしれまね。

海が近く、気軽に行けるせいか海ばかりですが
本日はホント山奥の集落まわり、山道はナビがあっても不安になる程の
途中の道の細さを抜けて現地のジイサンが行ってましたが年寄りばかりの限界集落
でも住んでいる人は大変ですが、僕は「いい、いい。」と眺めてましたが、
海も良いけれどやっぱり山もいいなあと感じましたわ。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >