冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 海・情景  

◆ 太夫浜、黄昏待つ頃

太夫浜夕景




缶チューハイ


長秒撮影で波を消した海風景を撮りたかった、出来たら釣り人入れてと目論んだが現場のに到着すると誰もいない波の音だけの静かな浜だった。
長秒可能な黄昏の始まるまで海、波、砂浜、テトラポッド、漂着物、そして空を撮ったりしていた。

陽も暮れて三脚を構えてレリーズでシャッター、暗くなっていく中でピント合わせがうまく行かなかったのもあるけれども、三脚でも何枚かブレが出ていた。

砂浜での三脚セットは、砂浜に「ここだ!」と狙って三脚を移動、セットしてシャッターまでは良いのだが、どうもシャッターの切れ長秒十数秒間に
少しずつ三脚の足が砂にめり込んでブレているようだった。
セットしてから足が定着するまでちょっと待てば良かったが、それが暗い浜辺の現場で撮っている時点ではわからなかった。

砂丘地は、三脚が砂にめり込むのかと当たり前のことを、家にPC確認でわかったのだった なるほどφ(..)メモメモ。

関連記事

Newer Entry◆ 電柱でござる

Older Entry◆ 黄金の里、蛭野

 

Comments
Edit
犬山にゃん太郎さま、物凄くお久しぶりです。
いつも楽しませているのに、コメントをさぼって申し訳けありません。乙宝寺の紅葉も丹精なすきの無い切り取りで素晴らしいカットですが、
それにも増して、太夫浜の黄昏浜はその色合い完璧な構図に感嘆です。
いいですねーーーー、最高です。
EditRe:ろまんすぐれーさん こんばんは
コメントなんぞよりも寄って頂けるでも拙いブログに嬉しいですわ('◇')ゞ

本場の奈良、京都の古都風景は負けますが、
それなりに自分の紅葉を探してまわってます。
今年も古都の紅葉は持ち越しになりました。

そんな奈良京都からしたら海は、海岸線は圧倒的に長い新潟県、引けを取りません。

Edit
犬山にゃん太郎さま、うっかりして失礼いたしました。先日、越後にお邪魔し魚沼コシヒカリをいただきました(当方ブログ記事、越後の秋)。もう少し走れば、太夫浜をゲット出来たのですね。過去には柏崎の花火大会と2度ばかりお邪魔しております。自動車道が整備され本当に近くなりました。チャンスがあればお住まいの方には大変な”越後の豪雪風景”を撮りたいなーと思っております。
EditRe: ろまんすぐれーさん こんばんは
新潟県は海岸線が長いです、南北250km 佐渡島、粟島の両島いれたら300kmは軽く超える。
そのため同じ海岸風景でなく色々な海岸風景があります、
が、比較的南北の地図の上下は風景がいいです、今度は来訪時はご参考下さい。

越後の豪雪風景ですか、平野部よりも山間部がお勧めです、交通の便利からしたらスキー場のあるような所
ただイメージ通りかわかりません、交通の便の悪い山奥なら雪も多く希望にかなうと思うのですが
豪雪では近づけないこともあるので、難しいかもしれませんが、
新潟県では上越が良いのかもしれませんが、来れられるならくれぐれもお気を付けをあります。


Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >