冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 橋の架かる漁港風景

脇川魚港と脇川大橋




脇川漁港入口


時々車を走らせていると「こんなの出来たんだ!」と人間の技術英知の凄さに驚かずにはいられいような建物、施設がある。

今なら「レインボーブリッジ」だの「東京ゲートブリッジ」だのそんな類のは大小規模を別にしたらあちこちある。


漁港給油所


また「走っている時は気づかず、走らない時に気づく。」車で通ればアクセルヒトふかし過ぎていく眺めも良いなあくらいは感じても、そこは橋だってことに気が付かない事もある、
改めて、歩いてこうやって下から眺めると、「よくもまあ、造ったものだ。」と人類の凄さが見えてくる。

しかし、ここの竣工が昭和51年とある、当然その前段階に建設の話が持ち上がった40年以上前の時点で、集落の狭い道路を一般車が通らなくてもいいように
その為の「迂回路を港の上に橋を架ける。」なんていう説明を受けた時、住民の中には、「えっ~!!w (◎o◎)w 」 と口をへの字にポカンと開けて驚いた住民がいたのではないかとそんなことを想像した。


関連記事

Newer Entry◆ 脇川大橋、「特急 いなほ」通過。

Older Entry◆ 小さな港のある脇川を歩く

 

Comments
Edit
海に掛かる橋ってワクワクしますね。

大きく長いのじゃ無くて、ちょっと海に飛び出している様なやつ。
用も無いのにわざわざそちらを通ったりします(笑)
EditRe: kohさん こんばんは
今ではあちこちこんな規模の橋を見ますが、
そらもう想像出来ない計画に衝撃だったのではと思うのです。

こんな光景山形県酒田市まではひととおり見ましたが、あとは山形鶴岡の小岩川漁港、ここよりも立派ですわ。


Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >