冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 小さな港のある脇川を歩く

脇川の干し物ハンガーとケヤキ




脇川




脇川漁港のカーブミラー


20代、車を運転してあちこちドライブに出掛けるようになると、たまには両親に親孝行でもと今は村上市だが、当時は山北町の「笹川流れ」と連れて行った。
その頃は、まだまだ海岸線は発展途上状態で道が狭かったり、集落をかすめるように国道が出来ていたり、所々に道路の拡幅工事があったり、
場所によっては集落の中を走る狭い道を車で抜けなければなかった。


脇川漁港と脇川大橋


当然狭くてすれ違いが出来ないのでここ脇川集落の南北の入り口に信号があって、通過可能までに「8分待ち」などの時間表示された信号設置、
タイミングが悪いと長々と通行か青信号まで待たされたりして、そんな不便さがここも遠い地に感じられたけど、今は海岸線は整備されて、いつでも来れる距離の地になった。

そんな発展途上のような海岸線当時にドライブした両親の年齢と今の僕は同じくらいになってしまった。

関連記事

Newer Entry◆ 橋の架かる漁港風景

Older Entry◆ 漁村散策・村上市脇川

 

Comments
Edit
おはようございます。
長い工事でしたね。
「水曜どうでしょう」でハプニングがあったのも確かこの辺でしたね。
EditRe: kohさん こんにちは
当時の海岸沿線の所々の道路工事でこの辺りから寝屋、勝木にかけてが
難所と云うか大工事だったような、、、、、と、ほんとおぼろげにしか記憶がなくなるほど昔になってました。
またその工事があったればこそ、僕もご気楽にこうやって撮影散策なんて出来ているのかもしれません。

最近見なくなった片側通行の長時間信号ですが、当然ライフラインが発達で大がかりの工事もなくなり見なくなったって事ですかね。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >