冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 漁村散策・村上市脇川

防火用水に咲く花




消防水利




村上市脇川と海に浮かぶ粟島


天気が良かったら漁村でも、晴天の日村上市脇川に出掛けた、自分には良くわからないのだけれども年一度は行きたくなる場所、でも今年は2度目なので
いつも場所ばかりでなくちょっと別のメニューも入れておかねばと、JR羽越本線の敷かれている高台から海を眺めた。
なんもない海よりも島が浮かんでいる方が、かえって奥行きを感じる。

そんな海に浮かぶ粟島なんだけれど、かれこれ7、8年のネットのお付き合いの”じょーじさん”から、「今、粟島いるんですが、暇だったら来ませんか?」と。
それってホントなのか社交辞令なのかブログにコメントがあったが、、、、、同じ新潟県でも車で1時間、そこからフェリーで1時間半、手続待ち時間を考えてもろもろ2時間
同じ新潟県でも3時間、車で2時間くらいの範囲なら何とかだが、申し訳ないけれど「ちょっとなあ。」の道のりだったので「そうそう、社交辞令、社交辞令。」と僕は希望的に理解して、
「行けませんです。」だったが、でも当分、粟島を見るたびにそんな出来事を思いだすだろう。


関連記事

Newer Entry◆ 小さな港のある脇川を歩く

Older Entry◆ 新発田アーケード散策1時間

 

Comments
Edit
おはようございます。
この辺りから見る粟島は大きく見えますね。
先日行った時は勝木川を河口から遡ってみました。落ち鮎が水底に沈んでいて侘しさを感じました。しかし聞くところによるとこの川の鮎は表彰される位美味しいのだとか。
早くも来年の楽しみが出来てしまいました。
EditRe: kohさん こんにちは
ワイルドですなあ、川を遡るなんて^^

この辺りはいつも車で素通りしていたんですが、
漁村探検と称して村上からにひとつづ寄ってみたのですが、
これがいい、実にいいですねえ ”ツボ ”にハマり
旧山北町の海岸線の村落がすっかり好きになりました、都市の雰囲気とは全く違う、
kohさんのブログで書かれた寝屋漁港の寝屋集落にもすっかりはまり何度となく訪れてますが、
訪れるとココロの隙間を埋めてくるような気持になるですわ(^^ゞ

塩は知っておりましたが、鮎は知らなかったです。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >