冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 福島潟、どこかで秋が

福島潟の秋桜




日本郵政 ポスト


北区 秋、夕景の福島潟

今週はノーベル賞ウィークとでも云うのだろうか、何かと話題になっている。

そして、新聞で「今年もだめだったかあ、来年こそ。」はと、がっかりしているハルキスト達なる記事があった、僕も村上春樹は「風の歌を聴け」を読んでから計算すると30年、
本格的にハマったのは20年前くらいの村上春樹ファンであるが、でも初めて耳した”ハルキスト”とはなんぞや、「俺もその”ハルキスト”なのか。」と、ニヤリ笑ってしまった。

しかし僕的感想は村上春樹がノーベル賞を取ろうが取るまいが村上春樹にはかわらない、かえってノーベル賞を取ってみんなにわいわい騒がれる村上春樹よりも、
僕だけの村上春樹の方が好きなのだが。

関連記事

Newer Entry◆ 秋、喜多方散策

Older Entry◆ 福島潟のジジイ

 

Comments
Edit
暗がりのなかのコスモスの写真、印象的ですね。ハイキーのふんわりしたコスモスの写真が多い中、こういうコスモスもいいなと思いました。好きなものは自分だけのものにしておきたい……という気持ち、とてもよくわかります。
EditRe: おしゃまさん こんばんは
好きな物は自分だけ、一時期僕まわりには村上春樹なんて読んでいる人がいなかったですが、
それゆえに逆に共有感を持てる話の出来る人もいなかった、そういう面ではもっと知られてもいいのにと思っていたんですが
でも、、、なんにつけてもありますよねえ、お気に入りお店とかもそうですねえ。

EditRe: 鍵コメさん こんばんは
ありがとうございます、実際はこんな光景に気をよくして同じような物ばかり量産でありました(笑)

Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >