冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 福島・情景  

◆ 秋、喜多方散策

喜多方寺町のスポーツ店

喜多方市寺町の石畳の通り。


喜多方の自転車店店先

とある有名ラーメン店近くの自転車屋の店先、福助、招き猫、カエル、千客万来はここではなくずれてラーメン屋にいってしまったのかもなあと。  


浜町食堂

喜多方のメインストリートの食堂、喜多方はこんな路地から入っていて本当の喜多方を感じるのだけど、初めて時はこの先へと足は「ちょっとなあ。」と出なかった。


喜多方Lion D'or 前

喜多方 スーパー前の風景、奥は磐梯山。


北宮諏方神社のコスモス

北宮諏方神社の参道。


喜多方市諏訪のコスモス

多方市諏訪裏路地のコスモス


甲斐本家蔵座敷

喜多方の喜多方観光メインのような「甲斐本家蔵座敷」、以前は門の扉がしまっていたが、開いていたのは再開か臨時なのかわらないが、閉まっているよりは開いていた方がいい。


煉瓦造りの甲斐本家蔵座敷

甲斐本家蔵座敷の煉瓦造りの建物。


喜多方の酒造所の煙突

喜多方市内には何軒も酒造場がある、ところどころに遠くに煙突が見えるが、そこには煉瓦造り煙突が多い。


蔵の町のラーメン屋

蔵の喜多方とラーメン屋。


民家の門

とある家の門扉。

9月の連休に久しぶりに喜多方へ行った、さすがに大型連休だと感じるほどの人出だった。
まずはラーメン屋の前の行列、有名店の行列はいつもよりも長く、いつもなら行列を見たことがないラーメン店の前までずらりと行列ができていた。
それも午後2時半過ぎである。

そして僕は、街を歩き誰も並んでいないラーメン屋に入った、「ラーメン!」とおばちゃん頼むと「餃子はいかがですか?!」と云われた。
僕は即座に「いらない。」と冷たく答えた。出てきたラーメンは正真正銘の醤油味ベースのしょっと太め麺の喜多方ラーメンだった。
「これだ、これ。」と餃子なくても喜多方の味を十分感じた。





本日、白鳥の群れを見た、「ぐあー、ぐあー。」と啼きながら北から南へと飛ん行った。ついに北から冬の使者が来たかあと、思ったが今季初めての白鳥の群れにちょっと感動した。

2015 白鳥

「シベリアからご苦労さま。」
関連記事

Newer Entry◆ 喜多方の裏路地

Older Entry◆ 福島潟、どこかで秋が

 

Comments
Edit
こんにちは。

喜多方も魅力的な街ですね。
ラーメンもさることながら造り酒屋も多いとは。
雪が降る前に行ってみます。

コスモスに囲まれた廃車?が侘しさを感じさせます。
Edit
4枚目、昭和な雰囲気にノスタルジーを感じています。

ぜひ一度訪れてみたい街ですが、
はるか彼方のような感覚です~。

EditRe: kohさん こんばんは
ずっと昔から福島県会津地方の蔵の町喜多方って有名でしたが
僕はずっと「そんな所へ行ったって~」とそれこそ侘しい風景をバカにしていて行きませんでしたが、
数年に一人で町を歩いてから、「なんだ、ここは?」と僕にとってのワンダーランドになりました。

僕は行くなら、夏だと思っているので僕の喜多方は今年は終わった感じですわ。
EditRe: ta-raさん こんばんは
そちらからでは たぶん無理かもしれませんね、
ここに寄るなら東北地方単独って訳に行かずあちこち計画に入れたら地理的位置から後回しなるかもしれません(笑)

今回の朝ドラにも登場しましたが、関西にだって色々な場所がある、奈良県には朝ドラに出た「今井町」もあれば
奈良の奈良町はずっと味があり、そちらからな日帰り圏内だと思うのですが、、、、またそれを思うとta-raさんが羨ましいですわ。

Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >