FC2ブログ

◆ 連日逍遥

犬山にゃん太郎

胎内市中村浜




いつもの桃崎浜


何年ぶりかのシルバー・ウィーク、連休前はお天気、色々な用事なのでどのくらいカメラを持って出掛けられるだろうかと、ちょっと危ぶみぶみながら
その間に200枚も撮れたら大大満足とせねばと腹をくくっていた。

そんな覚悟があったせいか、連休が始まると用事をそこそこに済ませると意外と空いた時間が出来た、そして2階の窓から顔を出し空を眺めてみて
出来るだけ青空の広い方向へと車を走らせた。

1枚目の木、何年前かに来た時は枯れかかってはいたが、イタリア人が「オー、ノー、それはねえだろう!」という時のように手をひげたように枝ぶりがかっこよく見事だった。
それから僕のここはお気に入りのというか、気になるポイントになったのだが、その年の冬だったか、翌年だった冬の大雪で、幹からすーっと伸びていた枝が折れていた。
そんな枝が折れてくらいで地球上の僕以外の人間は何とも思わないし、感じないだろうが、僕にはそれを見て「うえ~。」と低くうなるくらいショックだった。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
aqua141
こんばんは 犬山にゃん太郎さん

・海!

青空と海!

あぁぁ!、気持ちが晴れ晴れです。

一日、見てても飽きないですね♫~


・犬山にゃん太郎さん!
会津に来られたのですかぁ
せっかくお越しいただいたのに
JR只見線、会津坂下―西若松間、電車が走っていないんですよぉ!
m(__)m
(ここ数年、只見線の試練でしょうか?)

・今年は、ブログを始めたので、稲穂をバックに1両編成の電車を . . . と思っていたのですが
ショックです。

  • 2015/09/26 (Sat) 03:05
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: aqua141 さん こんにちは

僕は、山と海とどちらかと言われると、海派のようです。
先日もさして高くもない山を登ったんですが、体力的もありますが
あの登り坂の怖かったこと、風でも吹いてこの岩場から転げ落ちたら、どんなことになるだろうと
想像しただけで足ががたつき、手すりがあったのでしっかりつかまって降りてきましたわ。
脇では平気に登り降りするご婦人、小学生、オジン、オバン、僕はこれではジジイじゃないかと
思いつつも、山よりも海派なんだと感じました。

会津若松の七日町の通りを素通りしただけですが、凄い観光客でした。
震災の年、頑張れ福島ってことで、同じように七日町を歩いたのですが
明らかに観光客はぱらばらいるものの、お通夜のような静かな雰囲気だったをお忘れられませんわ。
それに比べたら、、、、元の観光地会津若松に戻った感じがしました^^

稲穂と電車(気動車)の撮影残念でした、、、、 aqua141 さんは やっぱり”鉄っ気”が多いようですね^^

  • 2015/09/26 (Sat) 14:30
  • REPLY