冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 荒井浜の注意!と、情けは人の為ならず

荒井浜の注意!





荒井浜風景


僕は砂浜に車を乗り入れて砂にハマり何度も抜け出せなくなったことがある。
1、2回目はそんなことを気にもせず普通に走ったら途中でハマり、多数の人に助けたもらった。
「ホント不注意だった。」と反省して次はと気を付けているのだが、海釣りの時は道具が多いのでなるべく海辺の近くに歩かなくても良いようにと車を停める訳だ。


胎内荒井浜


「この辺なら大丈夫だろう。」と車を停めて釣りを終えて、いざ帰るべえと車発進って時に、前輪タイヤが空回りする、「む、むっー、もしやこれは!」と、
ドキリ、背筋が「ぞー。」としてきてアクセル踏む足をもどす、経験者ならわかると思うが抜け出すのは早い処置が重要で、散々もがいてからでは抜け出せる確率はずっと減ってくる。

とはいえ、車がハマってそこから到底脱出できないとわかるとパニックすらなり「参ったなあ、どうしたら。」となる。
そんな時に偶然通った人(たち)に車を押してもらったりして何とか脱出すると絶望感だった状況から抜け出せたことに助けてくれた人(たい)がマジに神様のように思えてくるのだった。

それからである、同じように砂浜にハマった人を見ると困っているだろう気持ち、心細さを察して脱出を助けるのであった、「情けは人のためならず」である。
自分だって何度助けてもらったことか「お互いさま」なのである。




関連記事

Newer Entry◆ 懐かし屋的荒井浜の青い空

Older Entry◆ 夏、荒井浜

 

Comments
Edit
そうはならない様に 冬季用かもしれないが
小さな縄の編んだ長方形のを2枚車に
積んでいます 
もしかして砂浜でも使えるかな~
ちと小さいかも。
EditRe: モズライトさん こんにちは
最近はカー用品店で、脱出用の物が売られるようになってますが
ご指摘の通り雪用、それを応用すれば砂場でも利用できる。

僕が砂にハマっていた頃、10年くらい前ですがそんなものはなかった、
良い時代になりましたね。

買われ物は砂地でも行けると思いますが、大もがきした後はやっぱり駄目だと思います、
空回りしたと気づいたら早めの対処は必要かと思いますし、
用を足していざ移動、帰るって時は、空は暗くなっていたりして、
明るい昼間と夜ではまた焦り方、また対処も違うってことをご理解ください。
一番良いのはJAFF加入だと思います^^



Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >