冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 夏、荒井浜

荒井浜風景




荒井浜風景


さて、帰ろうかと車に向かう時、セダンからジイサンが降りてきた、「釣りかあ。」とチラ見すると持っているのは釣竿ではなく、カメラだった。
「ご同業じゃんか。」とカメラ持っている者同士として僕は「こんにちは」と挨拶した。

2、3年前にやっぱりこの辺りを撮影しているとカメラを持って長靴をはいたジイサンに会ったことがある、確か群馬県からだった、毎年のように訪れて海を撮影していて
「この辺も20年前からしたら変わったねえ。」云った。
そのジイサンだろうかと(声をかけるつもりで)挨拶したが、しかし相手のジイサンは面倒くさそうに「こんにちは。」と挨拶を返したが目線は、
僕の撮り歩いた場所へ向けてそそくさと歩いて行った。
車を見ると新潟ナンバーだった、「違ったようだな。」と思いつつやっぱり新潟の人間は愛想悪いなと感じた。

関連記事

Newer Entry◆ 荒井浜の注意!と、情けは人の為ならず

Older Entry◆ 夏の終わりのハーモニー

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >