冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ あめんぼ

あめんぼ




福島潟


突然、「そうだ、あめんぼ撮ろう。」だった。
いることはいるが、目の前を中々横切ってくれない、最初はこちらの気配を感じてか近くには寄ってこず、来たかと思えば瞬間移動のようにで別の場所に出現するのであった。
その間当然、誰も見ていないとはいえ横ばってカメラを構えた格好で誰かに見れたらもあるが、「あめんぼごときにいいオヤジがこんな事をしていてよいものか?」と
やめようかと思ったが、しかし”こんな時がいつくるだろうか。”だったので、オヤジは横ばいになりじっとカメラを構えつつ気配を消して待つことを選んだのだった。


そしてこの日曜日に撮ったもの、お稲荷さんのおきつね様である、建って何百年のものはあちこちで見てるし撮っているのだが、でも、、、、、、、

おきつねさま




松浜稲荷社の眷属きつね


「やけに白いなあ。」と感じつつもおきつね様の表面が何だか粉っぽい、「ややや!」と後ろへまわると「平成も二十七年八月」、建って数日と云うのはまず記憶ない、
そのせいかおきつね様のまわりの地面には色んな足跡がたくさんあった。

今は通常は、石屋は機械で彫る、彫っているはず、曲線でも直線でもコンピュータ制御、だから体の線が微妙に不自然さを感じをこともあるのだが、このおきつね様は
いかにも手彫り風、これがあと何百年も残って角も取れたりしてどんな表情になっていくのやらと思ったら撮ろうか撮るまいと迷いつつ、
ここでも「今、撮らねば(出来立ての数日の)新しいおきつね様にならんぜ。」と激写だった。


関連記事

Newer Entry◆ 日曜日のお寺まわり

Older Entry◆ メディアシップに登る

 

Comments
Edit
そうだ、アメンボ撮ろう!って、なんかすごいです。そう言えば、世間は夏休みだし、アメンボ撮るのも良いかもです。
ピカピカの、まだノミ痕も生々しいおキツネ様ですな。
EditRe: ややさん こんばんは
たぶんどこかで「あめんぼ」を撮ったのを見たのだと思います、
しかし、よく水の上を走るもんですねえ、
それにしても初めてあめんぼが運転中の車のフロントガラスに飛んできた時は
「えー、これってあめんぼじゃあ?」とちょっと衝撃を受け記憶がありますw(゜o゜)w オオー !!

Edit
こんばんはです♪

そばに私がいれば、にゃん太郎さんの
アメンボを撮る姿を撮ったのにぃ~
残念残念。

EditRe: 菅原しずかさん こんばんは
そうすか、ついでに見張りをやっていただけると
僕も安心して変な姿勢で撮れるのですがね(笑)

子供の頃、小さい水溜りにあめんぼがいて、何でいるのかわからなかったのですが
こんな水溜りでは生きて行けんだろうと、何とか捕まえて広い川に逃がしたような何十年前の記憶があるのですが

それが大人になり、あまんぼって飛んで移動するのを知ってかなりの衝撃でした。
でも良く考えると「なるほど。」なのですがね。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >