冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 秋田てんこ盛りツアー 駅旅

「暑中お見舞い申し上げます。」的お見舞い代わりに、秋田の日帰りの駅撮りを旅風にまとめてみた、時系、順不同。
かえって暑くなっても責任は負えませんぜ~ なのだ (`□´)//

羽後牛島駅 切符売り場

JR羽越本線 羽後牛島駅切符売り場と待合室 駅舎は、しっかりあるのだが、ここへは駅舎から地下通路を通って階段を上がった所にある、この部分は駅のホーム上にある(駅舎後出あり)。



行くぜ東北

ご存知 JR東日本の「行くぜ、東北。」のポスター、JRの宣伝なのに僕は「きたぜ、東北。」を車でまわる。



秋田駅東口

秋田新幹線、奥羽本線、羽越本線、男鹿線、接続の秋田駅東口、、、、、駅脇の「ALIVE」除くと、秋田の人に失礼言い方かもしれないけれど何もない、メインは「西口」となる。



秋田駅西口バスターミナル

秋田駅西口前の秋田杉造りのバスターミナル、行列は「秋田空港行き」リムジンバス待ち。



秋田かんばん娘

みなさん 「かんばんは!」、上右から3番目の「秋田おばこ」姿の由利高原鉄道アテンダント、僕は矢島駅見た時は「おっ、秋田おばこ!」とつぶやきニヤケた。


羽後牛島駅

1枚目の羽後牛島駅駅舎。木造、駅前の電話ボックス、郵便ポスト、自販機と定番が揃っていた上に、デカイ木、そして一部で砂利道が残っていた、タクシーもいたが出払った。
写ってないが駐輪場もある、これでバス停があったら駅の定番が完璧に揃う。



由利高原鉄道 曲沢駅

由利高原鉄道鳥海山ろく線 「曲沢駅」 田んぼの中の駅、「やったね!」とニタリとする僕。だが車の停める場所がなく100m歩く。



曲沢駅 由利高原鉄道

駅のホームで写真を撮っていると「やって着ました!」、上り「羽後本荘駅」行き、車内には観光客らしき姿が何名か見えた。



由利高原鉄道 黒沢駅ホーム風景

上の「曲沢駅」の上り方面隣駅の「黒沢駅」、枕木で固められたホームを久しぶりに見た、この枕木造りとホームのほどよい高さがこころにしっくりハマる駅ホーム風景。



秋田減塩

由利高原鉄道鳥海山ろく線 「子吉(こよし)駅」で見つけた秋田版 「減塩六つの戒め」。



JR羽越本線 羽後亀田駅入り口

JR羽越本線 羽後亀田駅、県道からこの駅舎が見えたとたん、どこかで見たようなと懐かしさを覚える、新潟県信越本線「亀田駅」を思い出した、そして駅名も同じ「亀田」だ、この偶然性に驚き。



JR羽越本線 羽後亀田駅木造駅舎

今の新潟の亀田駅はデカクて近代的な綺麗な駅舎なったが駅舎的には面白くなく無くなって落胆していただけに、死んだ人の生き写しならぬ、「行き写し」の登場だった。
この駅ひとつだけでも、来た甲斐があったと感じた。



JR羽越本線 折渡駅 

羽越本線だが国道7号を走って行けば、寄ることない駅、本荘市街から山に入り、こんな所に駅があんのか感じ、油断してたら通り過ぎてしまいそうな場所にある。



JR羽越本線 道川駅から男鹿半島

道川駅の跨線橋からの風景、男鹿半島の山が見える、左 「本山」 右 「寒風山」。帰り道ここコンビニ前の歩道ガードレールに乗り上げた事故車あり、どうしたらそうなるの?で渋滞した。



JR羽越本線 桂根駅 EF510

ホームだけの羽越本線 桂根駅(かつらねえき)、国道7号線走っているとここ駅近くでパラソル開いた 「ババヘラアイス」を久しぶりにみ見た、そこは秋田だった。



JR羽越本線 桂根駅 

桂根駅でホームしかないホームを撮っていると上り貨物EF510が通過、体がどうしても「撮ってしまう。」のだった。



JR羽越本線 羽後本荘駅改札口前

羽後本荘駅改札口前、奥に「秋田おばこ」ラッピングデザインの由利高原鉄道鳥海山ろく線の気動車。手間の「五能線」ののぼりに「いつかは、五能線。」だった。



由利高原鉄道 吉沢駅 

由利高原鉄道鳥海山ろく線 「吉沢駅」ここも駅のまわりは田んぼ、だが駐輪場があり車は通れた。この駅を含め本数の少ないはずのローカル線で駅通過シーンを2箇所で、ラッキーだった。



由利高原鉄道 川辺駅

駅舎造りに感動の由利高原鉄道鳥海山ろく線 「川辺駅」、駅舎階段を登ると待合室、左側は階段があり待合室スペース、何だろうこのスペースは無駄ではと思ったが、
実はその下が駐輪場になっていた、そこからは明り取り兼ホーム様子が見れるように窓、駅舎待合室も明り取りがあり「考えているなあ。」だった。



由利高原鉄道 川辺駅ホーム

他の、利高原鉄道鳥海山ろく線沿線の駅ホームの幅はこんなにない、これは車椅子用のスロープがあるからかと、そこまで考えるとここでも「考えたいるなあ。」の川辺駅だった。



由利高原鉄道 川辺駅矢島方面風景

だからってそれだけなく、ホームからの風景も空と山、緑の田んぼ、のんびり感に癒される風景、路線が U字にカーブなっているので遠くから列車が来たのがわかる、
「来なあ。」感もいいじゃないかと眺めていたがこの時は来なかった。



JR羽越本線 新屋駅

前出に「羽後亀田駅」に駅舎が似ているがそこに比べると妙に味気ないのはどこか新しさがあるからなのかと思ったら、その駅名が「新屋駅(あらやえき)で「新」が点いているの気づく。
なるほどと勝手に納得した。


JR奥羽本線 土崎駅

秋田駅の隣の駅で「奥羽本線・男鹿線」の駅となる「土崎駅」、新潟県新津駅から始まる羽越本線は秋田駅まで、秋田駅まで羽越本線全駅を撮影しての隣の駅。
奥羽本線は他でも撮ったが(スノーシェッド駅)、この奥羽本線土崎駅はある意味での嬉しい「奥羽本線の駅」、そしてこの先の駅を撮るには車で5時間かかる。

順序不同の秋田旅、有名風景はないけれども僕には十分の秋田旅だった。
関連記事

Newer Entry◆ 上赤谷で冷や汗が流れる

Older Entry◆ 7月のストック整理 

 

Comments
Edit
上右3番目の娘さんが好みでしたか・・
ふふふ・・冗談ですよ。d^^
EditRe: .napo.さん こんにちは
姉さかぶりに、もんぺ、秋田おぼこですよ、見たことありますか(笑)

しかし、どこか違うんですよね、、、体系なんですかねえ、今風というかすらりとしているような。

別段に有名人って訳でもなく写真なので見た「顔」ですが、実物を見ると「この人かあ。」と見れたことに感激感があるんですよねえ(///ω///)テレ

Edit
うわ~~本当にてんこもり
Edit
こんばんは。(^-^)

線路のある風景って、「いい日、旅立ち~♪」って感じで、なんか郷愁を覚えますね。(o|o)
EditRe:みしゅるさん こんばんは
7月のストック整理で、整理しきれず2部に分けたような形になりましたわい。

そちら暑さ、どうですか? こちらも梅雨明けして強力な暑さですが、
本日雨で涼しい、、、、生きたような心地でありますわい、今晩はよー寝れそうですわ(-_-)zzz

EditRe: higemajinさん こんにちは
いい日旅立ちの出発する駅撮りが趣味のにゃん太郎であります。

撮っている側にはわかりませんが、この駅でドラマがあるんだろうなあと思うと、
駅の風景も見え方も変わってきますわ。


Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >