冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◆ 上赤谷で冷や汗が流れる

加治川治水ダムの緑




加治川ダムの蒜場山登り口


暑さのせいなのか、先週の日曜日は何度も道に迷う日だった。
車にナビがあっても迷った、「たぶんここを行けば、あそこに出るだろう。」が出なかった、ナビを広域表示すれば大雑把に何処にいるが、細かく表示しないと道が表示されない。

一番は「阿弥陀堂」の矢印に引かれ、車で山道を入っていくと急に道幅は狭くなり、上からは木々の枝がぶら下がってきて、おまけにヘビのようように道はくねくねと曲がった。
車の左右をのけばすぐ下は右は小川、左は崖、それまでリラックスして流していた音楽の音さえも運転に支障にきするようなので、
雑念を消すにように音楽を消した。
道と言ってもコンクリートで固められた道幅は車一台分(畳み1枚くらい)もの、「脱輪したら終わりだな。」と、一気に緊張感は高まり運転に集中しのろのろ進むが。



滝谷の加治川




赤谷の橋


しかし、途中で「こらあ無理じゃねえ?!」と、この先このまま車で進むのは車では心臓バクバクものので無理っぽく、前進をあきらめてバックしたがくねくねと曲った細い道である、油断するとタイヤが路肩に落ちるのではと、ここ数年ぶりに迎えた運転の危機だった、マジにやばく、暑かったが尚更に汗が流れてきた。

運転を止め車から降りると(ドア開けても足場がギリギリだった)、この先はどうなっているのかと先を数十m歩いて行ってみるとどうにか車がUターンできる場所を見つけ、
「ここまで来れば何とかなるか。」と、バックよりも前進して引き返すことを決めたが、それだって人生最高のテクニックを要するのではと思えるような道の両脇は、小川に、崖だった。

仮に落ちたらどうやって助けを呼んだらいいのやらと誰もいない山の中でそんな事を考えつつ、助けを呼ばなくても良いようにと慎重にノロノロ運転、そして何とかUターン、
また同じ所を戻るも、バックで戻るよりも前進の方が楽だったがビビリながらの細い道を運転。山道を出た時には、「脱出した」感でラックリ、肩が軽くなった、そして空は青かった。

あれは遊歩道だったのではと、道幅減少とか、車通行不可とか標識があってもいいんじゃないかと思ったが、そんな標識もいらないくらい交通量が少ないのだなと、
その狭い道から「よくまあ戻ってきたもんだ。」とヒヤリと共に思い出す。

関連記事

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/24(金)  00:02 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<◆ 夏日の坂道 | ホーム | ◆ 秋田てんこ盛りツアー 駅旅>>

コメント

それは大変でしたね 私にも覚えが
あります 松之山のある棚田に
向かった時 すれ違いの全くできない
細い道を奥へ奥へ これは駄目だと思って
汗をいっぱいかきながら必死の切り返し。
車から降りて先を見てきたにゃん太郎様は
偉いです 熊が怖くて歩きたくないから。

3回挑戦して諦めました 看板ないから
大変です

ほんと音楽聞いている場合でないの よく
わかります 無事に帰る事ができて
良かった。
  1. 2015/07/24(金)  
  2. URL |
  3. モズライト #5zjWDM/s
  4. [ 編集 ]

Re: モズライトさん こんにちは

ナビがあっても道の細さまでわからない、
広い道幅から急に狭くなり数m入って、失敗したなと思ったですが
切り返す道幅なんてない、ハンドルですら注意して切らないと脱輪であります。
運転に緊張したのは言うまでありませんでした。
普段なら、ともかく先に進むのですが、この時ばかりは奥へと入ったら
脱出する可能性が低くなっていくようでその場バックしたのですが
まっすぐの道ならいざしらず、車幅くらい道幅のよれよれ道、
バックすのだって緊張石を踏んで”ゴッリ”と音がしただけでも、
ドキリでしたからねえ。
こうやって家に帰れたのがウソのように感じますわ。

モズライトさんも行動範囲広がりましたねえ、
懲りずに、あちこち新潟発見してください。

  1. 2015/07/24(金)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

冷や汗

涼やかな渓流と眩しい緑のかげには、怖い想いをされたわけですね。

現場の状況が手に取るようにわかる、ブログの文章も緊張感いっぱいです。

お疲れ様でした。

ご無事でなによりです。

これからも素敵な写真を、期待しています。

安全に配慮して、頑張ってください。(^_^)/
  1. 2015/07/24(金)  
  2. URL |
  3. 六弦奏者 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 六弦奏者 さん こんばんは

コメントありがとうございます。

何十年ぶりに初心者当時を思い出すような
「ここから脱出できるのだろうか?」でした。

でも年、経験つんだ分ちょっとばかり冷静になれていたのかもしれません。
切り替えしてUターンでも出来る多少の広さならさしてあわてもしないのでしょうが、
さすがに車一台分の道幅は焦りました。。。。。

こちらこそ これからも宜しくお願い致します m(__)m
  1. 2015/07/24(金)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk
  4. [ 編集 ]

Re: 鍵コメさん こんにちは

今日は台風の影響か暑いです、雲が多い分助かってますが
写真を撮るにはもうちょっと青空が欲しいなと思う土曜日であります。

コメミス僕は何度もありますし、てか現在も進行中であります。

時折自分のブログを後で見直すと打ち間違いを見つけてはこっそり直してますわ (;一_一)

台風の影響で温度が上がるようなので、気をつけてください。


  1. 2015/07/25(土)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanta2030.blog.fc2.com/tb.php/1326-de04688c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1134)
情景・モノクロ (220)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (21)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (123)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (18)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (36)
奈良・情景 (50)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村