冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◆ 太夫浜 7月

太夫浜の電柱




新潟東港遠望


いつのように、太夫浜にくるとこの電柱を撮る。
もう形だけのような電柱で、今では果たしてそこから引っ張ってきた電流が何に使われていたのやら、わからない。
「海の家」、「漁業用」、「湾岸工事で使用の電柱引き込み」、僕はそんなことよりもここへ来ると以前砂浜の途中まで車で入って来たこと、そして帰り際にタイヤが砂に埋まって空回り。
過去の同様のスタックの自分の経験と人様を車を押して助けたを思い出し、「まさか。」と背中がぞっとした。

誰もいない海、参ったなあと思ったていたら前方から車、女性が降りてきて「大丈夫ですか?」とそして車を押してくれた事を思い出す。
僕は、そこでそんな恐ろしい思いをしたので即座にその場を離れたが、バックミラーに映るその女性の車、「大丈夫なのだろうか?」と果たしてその後どうなったか、
ひょっとして車ごと埋まっていやしないだろうか、でも何もなかったかもな、そんな事をここではいつも思い出す。

いつぞやの人 「ありがとうございました。」、僕は色々反省学習して、砂浜は車近づかないようにしておりますわ。



関連記事

Newer Entry◆ 誰もいない海

Older Entry◆ 太夫浜(たゆはま)

 

Comments
Editこんばんは 犬山にゃん太郎さん
2枚の太夫浜の写真も
イイですよね~♩

 砂に埋もれるように立つ電柱
 重く立ち込める厚い雲

 遠くに見える火力発電所?の煙突群
 足元まで打ち寄せる波

~たまりません!

余談ですが
・・・私も経験があります
車の腹まで砂にハマってしまい・・・

真夏の砂は、あんなにも硬いのに
冬から初夏にかけての砂は・・・
(@_@;)
EditRe: aqua141さん こんにちは
誰にもお気に入りの場所がありますよねえ。

千葉県木更津江川海岸の海の電柱風景の写真を見た時に
撮ってみたいなあと、思ったんですが、、、遠い ~ ヾ(・ε・。)

ならばと探していたら、地元にもありました。
それがここであります、「うへ~。」と ヽ(^。^)ノでありました。
そんなお気に入りの風景になるような所を見つけた時の喜びって何とも云えませんよね^^

砂浜スタック、昼間ならまだいいのですが、僕は夜やりましたわ。
20分歩いてJAF を呼びました、当日ケイタイも電池切れでした(笑)

真夏に砂が硬いのは土の混じったすなはまでしょうかね、
こちらは雨、雪で砂が濡れた時はよいですが、
乾いた砂の時は、、、、近づけませんし、当日も歩くときは
長靴でしたわ。



Edit
今日 東港から村上市辺りまで海沿いを
走ってきました 途中 以前は海まで
車で行けたであろう道が砂で埋まってて
一度 砂がたまりだすと どうにもなりませんね
砂道は怖くて入れません はまったら怖い。
EditRe: モズライトさん こんばんは
慎重派ですね、僕は何度砂にはまったことか
1度で懲りれば良いのでしょうが、
「今日は大丈夫。」と思っての油断がですね、
その間に車の買い替えで、今度は4WDするぜと思っていても
未だにまだ2WDですわ。

ともかく、気をつけましょう。
あのアクセルを踏んだ時のタイヤの空回り感、あれはいまだにドキリとしますわ。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >