冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◆ みなとトンネルの中で空想する

みなとトンネル海側




みなとトンネル街側




みなとトンネル街側


トンネルの遊歩道を歩いている間は別段あちこちの風景が見える訳でもないので、歩いているとどうしても考え事するようになる。
たまに天井からの照明に照らされた壁のシミ・よごれが化け物が壁から現れてくるように見えてくる。


トンネルからばけもの生まれる




みなとトンネル街側




ばけもの登場


これって作為的描かれたなのかと時折おかしなことを思いつつ、いや誰もいない時にひょっいっと壁から飛び出して小踊りしているのかもしれないと、
海だの山、川、木が見えないと色んなことを考えるのである。

基本に人間(動物)は、警戒心から周りに見えるもので、相手(敵)の正体を判別・認識すべく能力があって、目になるような物が二つあれば生物に見えるように
DNAに刷り込まれているらしい、だから何かが顔だのに見えるのはそのせい。
ここでは目ではなく壁のシミ・よごれは大きいものである、これはそんな能力よりも「何に見えますか?」の心理テストのロールシャッハに近いのかもしれない。


関連記事

Newer Entry◆ 貨物列車停車風景

Older Entry◆ みなとトンネルを歩いたです

 

Comments
Edit
長い地下歩道ですね。
かなりの閉塞感を感じそうです。

 何かに見える
 何かを見たいかも・・・
EditRe: higemajinさん こんにちは
片道歩いて15分、往復30分、視界が限られているのは閉塞感はありますね。
2011年の震災当時は、こんな所で地震にあったら「絶対に助からんなあ。」と
そんなんで暫くここを歩けませんでした。
しかし雪だの雨、寒さ、日常の冬からするとここは雪、寒さ、雨の心配がなく、そして車も、
歩くことができるのは非常にありがたい、そんなんでここをトレーニング場としている人も多いようです。

とはいえ風景が見えないというのは退屈でそれでも壁、前後ろでも見て退屈しのぎ、
するとこんなのが見えると「あれ?」となるんですねえ(笑)
Editこんばんは
果てしなく続く道・・・まるで一生出られないんじゃないかって気になりそうになる。
できる限りここには入りたくないねぇ~(・。・;)
EditRe: よしおさん こんばんは
ほんと、何度も歩いてますが、実際は息は十分出来るのですが
ここを歩くとちょっと空気が薄ような気がしないでもありません。

ご心配のある方は、お勧めは出来ません、途中で気分が歩くなっても歩いて戻るのも大変ですわ。

Edit
車では通りますが歩いてここ通った事
ありません 天候に左右されない貴重な
ランニングゾーンですがにゃん太郎様も
走ったわけないですね(笑)機材が重いから。

心配性だからこういうとこ怖いです
車でトンネルに入ると下ってるのか
上ってるのかわからなくなりますし。
EditRe: モズライトさん こんばんは
走ってはいませんが、歩いてます、何度も。
冬になるとタワーの出入り口が締まってしまって焦った事があります。

お近くなのに行かないのはもったいないですね、
今度探検気分で行って見られたどうでしょう。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >