冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 日和浜 、、、と、週末の「東奔北走」

日和浜の防砂ネットの砂




砂の風紋




日和浜の防砂ネット


その昔、ここで「ジュリアナ号」なる石油タンカーが座礁した、船は横たわったり油は海へ流出して浮いた。船を眺め「こんな船がどかせるのか?」と、
ずっとこのままなのかと、もうこの先ずっと泳げなくなったなと思った。
それが時間っていうのは凄い、でかいタンカー、油をも跡形なく消し、人の記憶も消した。


今週は土曜日は東は福島へ、日曜日は北上して山形へと、そして今は「やれやれ」と新潟の自宅、ほぼブログの為でなく、自分の趣味の駅舎撮り。
そして、本日とある駅の連絡橋の階段では、蛇!、、、へびであります、どぐろを巻いていた。階段の真ん中にでもいたら僕はきっと通れませんでしたが、
階段の通路の隅にいて通れるようにどいてくれていたので、まさにそれは”ドクへび”であります。無人駅とはいえ、これはちょっとななあでありました。
70km制限の道路を60km走りその後ろに20台も金魚のフン状態の車を引き連れ、やっと抜けるなと思ったら80kmくらいまで速度あげ、バカヤローもいました。
ともかくも、そんなこんなでくたびれた週末でありましたが、充実でありました。


関連記事

Newer Entry◆ 【駅シリーズ】 JR只見線 「 早戸駅 」のナイスなロケーション

Older Entry◆ 6月のストック整理 カラー編

 

Comments
Edit
私も五十公野公園で蛇見ました 毒蛇では
ないようでしたが 蛇嫌いでもいると写真
撮りたくなります蛇の種類を知ろうとすると
蛇をいっぱい見るハメになるのでしません。

60km制限なら75km位で走りますよ
ぐっと遅い車がいるとイライラします
抜かれそうになって速度上げるなんて
嫌な奴ですね~~
EditRe: モズライトさん こんばんは
へび、自然風景ならいざ知らず、草木もない駅の階段ですからねえ。
鳥のフンの跡があちこちに散乱しているので、それを狙って来ているのかも。
見ると腹が膨れてましたわ。

階段を降りる時は上から目線ですが、階段を上がる時目線があって飛びかかってきたらと思ったら
ぞーとしましたが、、、事なきをえましたが、有人駅ならまだしも無人では誰に行ったら良いのやらと。

五十公野公園ですが、行動範囲は広がりましたねえ。


Edit
どく、へび・・・。ラッキーでしたね。真ん中だったら私も通れません。高速道路を行く人も、いろんな人がいるし・・・。
ジュリアナ号って、すごい名前でしたね。
EditRe: ややさん こんばんは
草むらにいる蛇なら「蛇か!」で終わるんですが、無人駅の跨線橋の階段ですからねえ。
驚き方もHeavyでしたわ、、、、、\(//∇//)\
70kmを60kmで走る車、そこを80kmで走る軽トラ、、、それもちと驚きでしたわ(笑)

今思うと「ジュリアナ」って云う名前は、周りに衝撃的影響を与えるのかもしれませんね。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >