冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◆ 6月のストック整理 モノクロ編

慈光寺

五泉市慈光寺、本堂。何度か撫でていてるが、仏様の名前はわからず。


慈光寺本堂

慈光寺本堂内の柱、装飾、造りからくる雰囲気といつもの静寂で、それが厳粛な気持ちになってくる、これがお寺様の作戦なら大成功だといつも思う。


剣竜峡の小さい滝

新発田市荒川の剣竜峡の小さい滝、以前こんな岩の足場を子供を抱いてぴょんぴょんと跳ねて渡る光景を見たが、「あんたは天狗か?!」と、
僕は子供も抱いてないのに岩場の移動は、へっぴり腰だった。


つづく




剣竜峡

数週間前、写真を撮っていると軽トラが、バンバンとやってきて停まった、「何事?!」かと様子を見えていうると道路周辺の草刈だった。
山開きに向けてと、道祖神の祠周りの村の清掃のようだった。



砂に埋もれた浜辺のカフェ

上新栄町の砂に埋もれたカフェ、時折行って写真を撮るのだが近づこうとしたら携帯で電話中の外人さん、しかし長々と通話中で建物脇に近づけず、
「なに話してんだあ?」的に撮影、聞こえた所で外国語はわからずであった。


上新栄町の浜

上記の外人さんがいたので、気になってリベンジ、ここからでは”いても、いなくても”ても関係ないのだが、しっかり建物周りを撮った。


新潟カトリック教会

新潟カトリック教会の双塔。


シネウィンド前

シネウィンド前でポスターを撮っていて「もしも、ポスターの実物が前を通ったらなあ。」とちょっとばかり想像。


沼垂古町

沼垂は今は埋められてバイパスなったが埋め立て前の旧栗ノ木川沿いには味噌、醤油、酒蔵、米屋が目立つ、そして寺町と沼垂の町も繁盛していた、


沼垂西の懐かしいような光景

その名残りが6月末の蒲原祭りの規模でわかる、それもその栗ノ木バイパスも現在は高架工事が進められているので将来街並みも変わって行くのかもしれない。



沼垂の路地

でも、こんな路地奥は変わらないのかも。


小学校の階段

海辺の小学校の階段、ここを上がるとグランドが、ついつい「どうなっての?」と階段に足を出して登っていくと、、、、、それは不法侵入です、僕の場合それ以前に不審者かも(笑)


山形県加茂の春日神社

山形県鶴岡加茂漁港にある春日神社の鳥居風景、どこにもありそうで意外にない光景。


屋根の枯葉




日東道のバス停

高速道路のバス停、車では「あっ!」という間に通り抜ける箇所、今度はカメラを持って散歩中に、「そうだ、あっ!」を撮とろうだった。


JR信越本線の頃の高田駅

撮影当時は、まだJR信越本線だった頃の高田駅のホーム風景、今は北陸新幹線開業で「妙高はねうまライン」になった。


関連記事

Newer Entry◆ 夏空ちかしの雲

Older Entry◆ 【駅シリーズ】 JR只見線 「 早戸駅 」のナイスなロケーション

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >