冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 山形・情景  

◆ JR奥羽本線 「 大沢駅 」 スノーシェッドのある駅景

大沢駅スノーシェッドの屋根

山形県米沢市から福島県境に向けてJR奥羽本線にスノーシェッドのある駅が3つある。
ひとつめの「大沢駅」は、線路を覆うスノーシェッドのその上に掛かる橋を渡って駅の出入口へ、写真の奥に見えているのが、2枚目。


奥羽本線大沢駅入口

旧駅舎前を通り、同じく旧駅のスノーシェッドが現在の駅の出入口になる、左に見えているのが本線。左の線路は使われていない。


奥羽本線大沢駅スノーシェッド内

スノーシェードは、雪深い山間路線なので線路に雪が被らないように、そしてここはスイッチバック駅の為「人型」のスノーシェッド。



奥羽本線大沢駅スノーシェッド内通路

そして列車もパワーアップされ、スイッチバックの意味もなくなり、そして新幹線開業で列車運行も変わり、昔の名残でもあり現在は半分が連絡路になっている。



ススノーシェッドのある奥羽本線 大沢駅のホーム

現在の大沢駅のプラットフォーム風景、待合室、ホーム、反対車線へと踏切もある。こんな光景も昼間だから良いがこれが夜だったら僕には相当の勇気が必要。


大沢駅連絡路と踏切とプラットフォーム

大沢駅連絡路と踏切とプラットフォーム、この施設に僕ただひとりで不気味さもあると云えばあるが、広い構内独り占めのお得感もあった。



大沢駅下りホームと待合室 

下り方面プラットホームと待合室、スノーシェッド内に猿の出没とそのフンなどの注意書きが貼られていた。



構内踏切

山形新幹線も目の前を通る踏切であり、その空間ごとドームに囲われた形の駅が、他に2駅ある。


大沢駅上りホーム

上りホーム風景、左が線路が先の駅出入口、右が本線で下り米沢方面。


大沢駅 連絡路




旧大沢駅ホームと連絡路

旧大沢駅、山形新幹線開業され現在の駅位置の移動はしたが、駅の出入り口連絡路はは写真の右を歩く。こんな所を歩かせて文句でないのか?
それほどの乗降客、利用者は少ない。

続くへ




駅に興味がない人には3枚も見れば、いいじゃね?的なのだけれど、行った人間の印象はそんなもんではすまい、ついつい説明写真になるくらいの感動。

上りプラットフォーム裏の通路兼待合室

上りプラットフォームの裏にある待合室兼用の連絡路、下りホームから踏切を渡ったところ、奥にベンチ、プラットフォームへの階段になる。


上りホームの時刻表

山形新幹線などは1時間に何本も通過するが、実際に停車する本数はこんなもの。


大沢駅 上りホーム




奥羽本線 旧大沢駅入口

現在の駅はスノーシェッドの中にある、ここ旧大沢駅舎の脇を通り、スノーシェッドへと歩くが、初めて行くと冒険のようなドキドキ感があった。


大沢駅案内図

「大沢駅案内図」が入口にあるが、「なんのこっちゃ?」的に理解しずらかったが、一通り見終わってからだと「なるほど」と納得の案内板、それ程に想像以上の構造だった。


旧大沢駅

旧駅舎とホーム風景、わかりづらいが写真左側ホームがなんとなくわかる、上記の案内板の右真ん中の”旧駅舎”になる。


大沢駅出入口


県道232号線から大沢駅出入り口を見る、この先を行くとスノーシェッドの上を渡り(1枚目)出入り口へ、旧駅ホームがあり、左のスノーシェッドへとなる。

大沢駅スノーシェッドとそこにかかる橋



本来はこの県道を左へと行けば隣の同様のスノーシェッド駅の「峠駅」なのだけれども、頃はGWでも雪為に通行止め、山道を下っていき大回りして隣の駅へと移動した。

関連記事

Newer Entry◆ JR奥羽本線 「 板谷駅 」 やっぱりここもスノーシェッドのある駅景

Older Entry◆ JR奥羽本線 置賜駅(おいたまえき) 駅景

 

Comments
Editこんばんは
私は福岡在住のwraと申します。鉄道旅行が好きで、時間があればよく放浪の旅(母曰く)に出ています。

それにしても、旧ホームはそこだけ時間が止まったかのような状態なんですね。板谷越えは運転本数が少ないとはいえ、訪れ甲斐がありそうです。
EditRe: wre さん こんばんは
ここ米沢から県境に向けてこんな駅が3ヶ所あります。
運行本数は少ないで電車では一気に全部回るのは難しいかもしれません。
やっぱり車がお勧めですが季節は選んだ方が良いかもしれません、心細くなるような道もあります(笑)

とはいえ、他で見ない珍しい駅なので鉄道好きなら訪れるには十分価値があると思います。
なんと言っても雪景色の頃がよいのかもしれませんが、なんもないです。
3駅UP予定なので参考になれば嬉しいです。



Edit
スノーセエツト・・・って、書いてありますよね・・・すごい迫力ですね。上越新幹線で見たことはありますが、こちらには無いものなので、興味津々です。
EditRe: ややさん こんばんは
さすが、屋根の研究家、見る視点が違う^^
外来語の「スノーシェッド」が「スノーセエツト」の表示、いかにこの施設は古くからあるのかわかりますよね。
上越新幹線、そう言われると各駅はこんな感じで屋根に覆われているし、
あと上越線新幹線は山ルートを走るので所々にあったでしょうかね、そこまで僕は気がついてませんでしたわ(^^ゞ

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >