冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 5月の2回目ストック整理  『 さくら 』 編

咲くも咲いたり、撮るも撮ったりってことで、毎年桜過ぎればストックの山。 春は桜、秋は紅葉とカメラマン泣かせの日本の風景である ヾ(・∀・;)オイオイ


西会津町下谷宮ノ前丁

福島県柳津町の国道400号線を国道49号線から横に入り会津西方方面へ通った、「何十年ぶりだろう?」、山奥の国道の風景も全く記憶のない風景に変わっていた。
国道といっても全道舗装はされているものの途中はくねくね山道だったり車一台分の道幅だだったり、なのに時折すれ違う車は県外ナンバーばかりだった。


柳津町居平乙

西会津の只見川越えに見えた桜の集落、ちょっと寄ってみようかと近づくが「土砂崩れでこの先は車は通れません。」とのことで、尚更に気になり歩いて近づいた桜の集落。


西会津町宝坂大字宝坂

西会津のお寺脇の公園、誰も遊ぶことなくなった錆びた小さい公園、やっぱりそれは学校もない山奥というよりも、子供がいないくなったのだと、思った。
子供の頃こんな公園で遊んだ事を思い出す、滑り台は途中で止まり滑らず、鉄棒では手は真っ赤、ブランコの鎖は体の硬いオヤジのようだった。


会津柳津駅前

桜である、いつもはこの前を通らない、桜があちこち満開、あそこは、ここはと寄り道の途中の会津柳津駅前、SL蒸気機関車よりも「さくら!」だった。


会津坂下町薬王寺の杉の糸桜

会津坂下町の「春日八郎記念公園」って会津坂下に来るたびに気になっていた、今日は行ってみるとかと行くと、行ったものの名前は知ってても”どうしようか”迷っていると
「杉の糸桜」の案内板が同方向にありつられるように来た、左奥が多分それだったが時間が時間で逆光だった。


桜の脇で開き始めた梅

新潟市北区にある福島潟を目指して行った、その手前で桜並木に近づくと、コンクリートの家がどうしても気になった、裏にまわると庭の梅、
桜はおいておきとりあえず「梅」、家は無人。


北区の福島潟近くの桜並木

新潟市北区にあるそんな福島潟を目指して行った手前の桜並木にて。


北区福島潟

新潟市北区にあるそんな福島潟を目指して行った手前の桜並木にて。



白山公園のソメイヨシノ

白山公園のソメイヨシノ、新潟市の桜の名所のひとつ、桜の下では「円たけなわ」っていうやつだった。



西堀通り真宗寺

桜を撮っていると快い風が吹いた、暖かくなったものんだと感じつつ「おっ、桜の花びらが~!」と僕の目線は一気に桜の花びらへ。


休憩中

お昼休憩中の軽トラの荷台の光景、あとで話を聞くとここ胎内市の桜は数日前がピークとか、そして軽トラの荷台の木材は広いお寺で切った間伐材とかで、
薪ストーブに使いたいので引き取りらしいのだが、「(引き取りに)来んのですわあ。」だった。


乙宝寺本堂と乙桜

乙宝寺本堂前の桜、地名にちなみ乙(きのと)桜とか、、、、、でもそれは我ながら自信なし(聞き間違いかもどう見てソメイヨシノ)。


諸上寺の桜

村上市諸上寺の桜風景、まわりは木々の新芽と八重桜の満開の春真っ最中。


諸上寺

諸上寺本堂のガラスに映る2015年の桜。



法用寺の 虎の尾桜

会津美里町のいつも行く法用寺本堂とその前の虎の尾桜。


法用寺山門の桜

西会津、法用寺の本道前の虎の尾桜


法用寺の桜

法用寺の更新塚の桜、残念なことにここを目標にきたが途中の桜の光景に目がいき、目的に法用寺につい頃は逆光になってしまっていたヽ(;▽;)


法用寺山門の桜

同じく法用寺の桜と山門、GWってことなのか関東ナンバーの大型バイクのツーリングのオヤジ達が、観光案内ボランティアのじいさんから説明を受けていた。


会津美里町佐賀瀬川

時折桜の花びらが舞うも、カメラを構えるとか花びらの舞うのが止んだ、「そりゃねえよねえ」だった。


と、「そういやあ秋田角館の桜~」と懐かしむように2年前撮影したのを見た、、、「続きを読む」へ。





2013年の角館の桜、当時はせっかく行くのだから「好条件でなくては!」と開花具合、お天気とギリギリまでにネットの開花情報とにらめっこ、
宿はというと大曲駅前のホテルが取れた、そして車で7時間掛けて秋田県・角館の桜へと、そんな価値があるのかって?

角館の武家屋敷の桜

あちこち撮影地点はあるのだけれども人が多すぎて、ここなら観光客を隠すことができるのではと、塀越しの武家屋敷の桜景、、、でもなあ無理だった。


2013 角館の桜 武家屋敷




2013 角館の桜 武家屋敷

南では桜が開花と騒いでいても、爪を噛みじっと我慢の長い冬、こんな光景あればこそ冬の間の希望にもなるのかもなと、そんなことが思えた。


2013 角館 武家屋敷のしだれ桜の「撮るぞー」の風景




2013 角館 武家屋敷の桜

ちなみに、車は週末・祭日・時間帯により通行止めなる、邪魔は邪魔だけれども車の運転席から見る風景がパノラマ感が良かった。


2013 角館 武家屋敷のしだれ桜にみんな賑わう




2013 角館 




2013 角館 武家屋敷のしだれ桜

春に咲く桜の風景は長い春が終わって「やっと来た。」の春の象徴でもあった、角館の桜を知るまではそう思っていたけれども
桜にはもうひとつ別な何かがここにあった、初めて見た時はクラスの女の子が好きだったが突然アイドルが目の前に出現して心臓が高鳴るような衝撃だった。


2013 角館 桧木内川堤の桜景




2013 角館の桜 桧木内川堤のソメイヨシノ

桧木内川堤のソメイヨシノは何千本とずらり並んでいる、これだけでも圧巻なんだけども、上には上がいるってもんんで武家屋敷のしだれ桜の風景には参った~ヽ(;▽;)ノ


2013 ありふてた角館の町の桜

当然、何でもないような住宅地の庭の桜だって、それは目が止まる。


武家屋敷通りの桜

お似合いのカップル2組、左の二人は中国語だった、俺に云えば三脚なんて使わずに撮ってやるのに~と思った記憶がしっかり残っているくらいの印象的風景だった。


2013 角館 伝承館前の桜景




2013 角館 武家屋敷の眩しいしだれ桜


前に書いたが、初めて角館の桜を見た時は、「死ぬまでに見たい風景って、これだな。」と感動した桜の風景があった。
それはどこが良いとかウダウダと説明はいらない、ただただ黙って口をあんぐり開けて馬鹿ずらして眺めていても、みんな納得する桜の風景だった。

桜ついでにストック投稿していたら、角館の桜風景が浮かび当時ものを見直ししつつも再度編集かけて載せてみた。
去年、今年と行ってはいないけれども、一生に一度は見ておきたい風景を3度見たのだからやっぱりそれは贅沢って云うものなんかもしれない。

枚数が多いのに ここまで見てくれて 感謝です、来年は 思い出の桜を見れますように (-人-)

関連記事

Newer Entry◆ 筒石の青い港の風景

Older Entry◆ 旧 米沢市立関根小学校板谷分校 「廃校の桜」

 

Comments
Edit
こんばんは。(^-^)

綺麗な山里の桜ですね~(*^^)v
時期外れに見るのも、乙なものです。

ただ自分では、時期外れの投稿になったらどうしよう~と思って、できるだけストックにならないように、枚数を撮りすぎるのは避けてますけど・・・(^_^;)
人のを見るのは、意外と楽しいのですけどね。

コメント、ありがとうございます。

世の中には、不思議なものがたくさんありますよね!・・・巨石もその中の一つです。(V)o¥o(V)
EditRe: 妖精ボージー こんばんは
時期外れってと言っても、こちらではほんのこの前、
長い日本列島沖縄から北海道の開花まで3ヶ月くらいの開きがあるとかと
なので、北国桜開花ニュースは南方から「今更かよ~」なのですが現地では
”やっと咲いてくれた桜”、新潟と会津地方では3週間くらいのズレでした。
しかし、今年も終わったなあと思っていた桜がまた目の前に現れると感動ものでした^^

また角館の桜は、そんな遅い桜とは関係なく別格でしたわ、感動一番は京都醍醐寺、角館の武家屋敷と甲乙つけがたいくらでした。

Editおはようございます!
>時折桜の花びらが舞うも、カメラを構えるとか花びらの舞うのが止んだ、「そりゃねえよねえ」だった。

桜さんへそまがり!
ぼくもだけど!
Edit
素晴らしい
サクラの景色
堪能しました。

 サクラと共にある景色が
 なんとも風情があり素敵ですね。
EditRe: どみどりくんさん こんにちは
いつも、桜の花びらが舞うのを待ってますが、思うように舞ってくれませんよね^^
ぱらぱら3枚散ったところでカメラで撮っても、「どこに?」なので派手に散ってくれないとカメラには捉えられませんわ(´・ω・`)
とは云え僕はいつまでも待てる性格ではないのであきらめて行こうとすると、
また散ったりするんですよねえ(笑)

EditRe: higemajinさん こんにちは
日本人は桜が好き、あっちで撮って、こっちで撮って、また別の場所で撮たりと
もう今年は打ち止めだなと思っていた頃に目の前にまた桜、際限なく撮らせる桜であります、
それゆえにストックは貯まっておりますが、higemajinさんはどうでしょう。

まして僕は風景写真ではなく日常風景なので、、、、桜の数ほど撮るところがあるようであります(^^ゞ

Edit咲いてなくてもいいんですね
おはようございます、犬山にゃん太郎さん、
一枚の写真に一話、たくさんたくさん楽しませて頂きました。時期も場所も違っても、桜は桜、
表情はみんな違って、そこでの犬山にゃん太郎さんの姿もまた、違っている風なんでしょうね。
変なことかもしれませんが、最近、撮っている方の姿を想像する癖が出てきました。
犬山にゃん太郎さんの記事はヒントをたくさんくださるので、ありがたく読ませていただいています。
またお邪魔します。
EditRe: 咲いてなくてもいいんですね・・・kozoh55さん こんばんは
ブログなので花の風景を見ていると、日本列島の長さを知りますね、
当然、紅葉は北から南と逆がねえ。

撮っている人の姿が浮かぶのですか、僕の場合はどんなでしょうかね。
ここ数年は町の裏、路地と歩くようになって変な格好で怪しまれてもいけないので
少なくともカメラだけは立派なものをと、お陰さまで怪しまれていないようですわ(笑)


Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >