冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 脇川漁港 住めば都、住まなくても都

脇川漁港




脇川大橋




漁港の船留め


村上市の景勝地「笹川流れ」の中で好きなポイントのひとつ、脇川漁港に架かる脇川大橋から眺め。

港で写真を撮っていると、地元のオヤジさんが「何撮ってんの?」と声を掛けてきた、「港風景を撮ってますわ。」と当たり前に答えた。
オヤジさんは、「こんな所に撮るところなんてあるのか?!」と、そして「あんたはどこから来た?」ちょっと怖い顔で言った。


脇川




羽越本線のディーゼル気動車


そしてオヤジさんは「こんな所のどこがいい、俺はこんな所に住みたくないし、出来たら他へ移りたいくらいだ。」と半ば吐き捨てるように言った。
僕は、「十分に眺めが良いじゃないですか。」と、お気に入り撮影ポイントでもあるから正直にそう答えた。
が、僕の頭には「雪があって羨ましい。」と言われて、「そうですか、そんなに良かったら雪、全部持って行って下さい。」と答える僕の気持ちと同じだと思った。
そうだよなあ、部外者では決してわからない住んでいる人には住んでいる人の思いがあるはずと改めて感じさせた。

でも、しばらくすると、コンデジてあちこち撮っているそのオヤジさんの姿があった「ディスカバー・ジャパン」ならぬ「ディスカバー・地元」だった。

関連記事

Newer Entry◆ JR羽越本線 早川踏切

Older Entry◆ 山形県鶴岡市 小岩川駅前 

 

Comments
Edit
20代の一時期、海辺に住んでいました。他人は「海の近くで良いねえ」。こちらは内心「アンテナも車も錆びてしまう。台風のときはうるさくて眠れない・・・」。
そんなことを思い出していました。今になってみると、全てが懐かしいのですけどね。
EditRe: Wansukさん こんにちは
感覚は人それぞれですね、住んでいる所が一番と思っている人もいますが、
若い頃はともかく「こんな田舎でなくて、東京行きてえ。」と思っていたものですが、
年齢と共にそれも少しずつ変わってくる。
ですが、この時は僕よりも年配のオヤジさんが言うものですから、
最初は「何だ、この人?」と驚き感があったんですが、住むとたまに来る人間では違うんですよね。

住めば都と言いますが、正直このオヤジさんからは「ここ良い所だろう。」と、そんな言葉が出るのか思っていただけに
予想外の本音をきいて、「なるほどなあ、そうだよなあ。」と思った次第であります。

Edit脇川漁港
地元のおやじさん、
でも此処を離れられないだろうなあ~。

素晴らしい場所ですね!

田舎育ちの私は癒されます。
EditRe: ユキヒロさん こんにちは
住むと、時々訪れるのでは違うもんですよね。
また日本でも海外の人の撮った写真を見るとまた違う。

その人、その人の感覚もあるのでしょうが、毎日見ていると見慣れしまって気がつかないものもある。
冬場の毎日の太陽の見えない空だと、ブログで拝見する青空を見て
どんなに羨んだことか、あーーー、青空欲しいってヽ(;▽;)ノ

でも、旅に出て家に帰ると「うちが落ち着くなあ。」となるのでしょうがねえ(笑)

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >