冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 山形・情景  

◆ 小岩川漁港風景と路地の猫

消火栓と国道7号線




堤防




門扉




きらきら水面


海辺を歩いてから集落部へと歩いた。ちょっと広めの道から路地へと入った。
お決まりのように猫がいた。逃げないようなにカメラを向けるが「こやつ、何もんじゃ!」と目の前のカメラを向けるオヤジのことがどうも理解できないようだった。

だいたいこんな裏路地をカメラを持って歩いている奴なんて怪しいと見るのが当たり前だ。
そんな猫を前にして「おまえさん、ひょっとしてこの猫は初カメラか?」と、初撮りを逃げないようにそろりそろりとカメラを向けた。


小岩川の裏路地




裏路地の猫


記事には関係ないけれど、先日初めて電動自転車というのに乗った、試乗だった。
自宅周りはほぼ平地なので電動なんて必要にないだろうと思っていても電動自転車ってどんなものなの?と気にはなっていた。
乗る前に「人から押してもらっているようだよ。」と聞いていたが最初のペダルをひとこぎ後、まさに後ろから誰かが押してくれているような感覚だった。
ヘンテコな感覚に「変~。」とつぶやきつつ、実に爽快、ちょっと遠乗りして坂へも登った、「何だこれ?!」とニヤケてしまい、何度か上り下りして楽しんだ。
ちなみに値段の差はバッテリーだそうで、家電製品同様に高い方がいいらしい。利用時間にもよるけれど3年が目処とのこと、ちなみ実車したは10万円のもの。
速く走るためにペダルを漕ぐのに立つようにして「よっこらしょ!」と漕ぐ必要は、まったくなかったが、本体の出し入れはやっぱ重かった。


関連記事

Newer Entry◆ 小岩川で鉄風景

Older Entry◆ 陽のあたる場所 小岩川

 

Comments
Editおはよう
港町のそばの猫ちゃんにとってはカメラを向けられて写真を撮られるって事はないでしょうからねぇ~。
今までにない体験で警戒していたのでしょうね。

電動自転車は確かに楽そうだけど、バッテリーが重いからバッテリー交換は大変そうだよねぇ~。
EditRe: よしおさん こんにちは
東京・谷中、広島・尾道の猫撮影の有名地の猫ならカメラ慣れしてしていて
「俺に構うなや!」的にどこか上から目線のようなに感じますね。
それに比べると、たぶん初カメラ、それもコンデジなくデカイ一眼のレンズを向けられ
「こいつは何?」って考えても答えがでないようでありました(笑) 

電動自転車バッテリー交換は自転車屋さんでしてくれますよ^^

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >