冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 冬場のストック整理  ここいらで海記事が続いたし、まだ別の海も続くのでとりあえず閑話休題

そして、ストック用ファイルがゴチャゴチャしはじめたのもり整理的UP、そのため枠ありと枠なしが混ざっています。
そのままゴミ箱に入れればいいのだけれども、それが出来ないもったいない気質の性格の俺であります σ(゚∀゚)

村上のウルトラマン

 村上市大場沢で見つけた、ウルトラマン、思わず指をさして「いいねえ!」をした。



蛭野の秋

 秋深まる五泉市蛭野を車を走らせていて思わず、車を止めさせた兄弟のキャッチボールの光景、望遠を忘れたことの後悔 (´;ω;`)



蛭野の銀杏

 上の兄弟キャッチボールの後日、「やっぱりここ蛭野の秋はいいわ。」と思わせる蛭野の風景。



蛭野

 蛭野地区の外灯風景と銀杏の紅葉、いいなあと感じつつも人工物がありすぎて構図に困る。



蛭野モノクロ

 銀杏の蛭野地区、毎年ここはどうなの?と寄る僕のスポット、毎年当たり外れあり、この時は当たり外れの中間だった。



慈光寺

 蛭野地区を抜けた先の慈光寺境内から本堂の屋根とバックの紅葉を狙った風景。



村上の落葉

 村上市大場沢の寺院の落葉樹、当日は綺麗な青空を思わずバックに立派な落葉した枝ぶり入れたくなった。



胎内市の砂丘地

 胎内市の砂丘地の光景、「なんかええなあ。」と雲の雰囲気が秋から冬に向かって行くような光景。



黒井駅ホーム

 JR信越本線 黒井駅ホーム風景、貨物ターミナルの無人駅、積雪1、2mでも安心のような柱の多さが同じ新潟県でも新潟市周辺駅とどことなく違った。



黒井駅風景

 黒井駅、新潟県上越地区最大のターミナル風景、見えないが左側には信越化学、新日鉄住金なのどの工場地帯、その先が直江津港となる。



直江津駅

 JR直江津駅ホーム風景、流石に信越本線、北陸本線の交差連絡駅。ともかくホームの長さが際立った、中学校の修学旅行で東京上野駅を降りた時の
 都会の駅は凄いなあと感じた風景と交差した。



直江津駅ホーム

 向こうは糸魚川方面先に出た黒井駅と同様に長いプラットホームと柱が、雪国仕様なのかとともかく柱の数、ホームの  長さが気になった、その為乗降客はそれなりいるのだけれども・・・・↓



直江津駅ホームと信越線電車
 
 振り返り、ホームに停車中の列車と乗降光景を外すとただただ、広くて誰もいない長いホーム風景に早変わり。



干し柿風景

 会津美里町雀林の蔵に干された無数の干し柿、これを木からもいで皮をむいて、しばって、干す、作業を想像しただけで 目がまわった ヾ(・∀・;)オイオイ オーバー!


雀林と法用寺

 ここ雀林の集落ではあちこちの家、蔵の軒下は干し柿、大根が干されていた。普段でも日本の原風景のように感じてはいるけれど、
 こんな光景を見てしまうと来年の12月くらいにまた思い出して「そろそろ行ってみようかな。」と思うだろう。


雀林のマツバギク

 冬なのに蔵の軒下に、しおれ気味ではあるけれどもピンクの小さい花は「頑張っとるねえ。」と感じさせ僕を十分に刺激してくれた。


消火栓

 雀林地区の道を歩きつつ、柿の色とは違った赤い色を発見、消火栓はあちこちで撮っている、地元デザインのマンホールを撮ってこともあったけれど、
 今はどこにもある消火栓を撮るようになった。


雀林の菜の花

 想定外、干し柿の風景を撮りに来てまさかに菜の花が咲いていようとは、つうか菜の花の時期は冬だったんだろうかと勘違いしそうな光景だった。 


緑の庭

 北方文化博物館新潟分館の2階から見た庭の見事な緑の庭木、、、、名前不明。


庭の植物

 当家の庭の植木、冬を迎えて萎え始め、、、、現在は何度も積雪で緑が抜けて茶色に変色している。


如意輪観音

 用事もあったの半端な残り時間にカメラバッグをぶら下げて近所散歩で「如意輪観音」を撮影、現代の機械で掘られたものと違って
 手彫りの柔らかい曲線おお顔、輪郭に優しさを感じさる僕のお気に入り、手を合わせては観音様の手、ひざ、宝珠、蓮華、宝輪をすりすりとさする。


剣龍峡の山ノ神神社

 新発田市荒川の剣龍峡にある、山ノ神神社とナナカマドの森、神社の堂内には金精神がたくさん並んで子宝、安産の霊験があるされる。
 

落葉

 濁川公園の桜の落ち葉、撮るよりも歩いてガサガサと音を立てるが小気味良く、ボートが波を分けて進むように葉っぱを蹴散らしながら僕はガサガサと気持ちよく歩いた。


昭和石油跡地
 
 昭和石油の跡地、石油工場だった割には油っけのない錆びた風景なってしまった、脇には貨物引き込み線になっていたが、同様に錆びたレールを残し、一部は撤去されている。


新潟港ピュア万代裏

 万代島ピュア万代の裏の荷揚げ漁港、10年前くらいまでは新潟の鮮魚市場があり、被写体ポイントになっていたが、今すっかり変わり、ピュア万代は観光スポットになっている。


沼垂通

 中央区沼垂商店街通りにある時計屋の時計、この光景は変わらないけれども周囲は歯抜けのように、少しずつ変わってきている。


村上黒塀小路

 村上市寺町にある黒塀小路、なんとか城下町村上の町復興をと市民の手で塗られた、ここの浄念寺の観音様は必見である。


村上市寝屋石動神社下

 村上市寝屋地区の石動神社下、左は防火水槽になっていて、その向こう(発泡スチロール向こう)に石動神社へ100数十段の石段がある。


寝屋の路地

 同寝屋の路地というかメインストリート、こういう光景が「何ともウキウキさせるんだなあ。」

たぶんもしも毎日1枚更新ならストックに眠ることがなかったかと、2枚、3枚更新を目標にしているとどうしても繋がりになりにくい1枚が
まあ云うなれば”アウトサイダー”のような写真が出てきてストックになるパターンが多い。
また同じような場面で同じような写真ばかりもあったりして”とりあえず”ストックとなったりするのが溜まってくる、
尚もストックがあるし、今後溜まっても行くので、こんな形の更新を定期的に、、、なのでいずれまた。

関連記事

Newer Entry◆ 冬の青空、海へ行く

Older Entry◆ 浜辺の足跡・・・浜辺の一歩

 

Comments
Edit写真は面白い
”にゃん太郎”さん、お早う!!

今日のカット数には少々驚きました。
鄙の里の旧家の土蔵? 純白の漆喰壁に赤い吊るし柿・・・こんな風景があれば思わずシャッターを切るよね。
残念ながら船橋近辺ではこの様な景色が無い。悲しい事です。近代化とは一体何なのだろうと思わず考えさせられる。

過ぎた時間の中に、赤や青や黄を点景として写し込むなんて事が出来るなんて写真でこそ見せる面白さですね。

※ 度々のコメント、ほんとうに有難う!! ブログに拍手の欄を見ることが少なく、ついつい見過ごしてしまいゴメン!!
EditRe: 写真は面白い・・・・夢旅人さん こんにちは
僕だけでなく他の方、夢旅人も同様かと思います。
撮ったものをブログに載せている訳ですが、余ってしまっているもので
どばーと削除すれば良いのですが、どうもさらりとできない性格で、

しかし、月日が経ってから見直してみると「あーそうだった。」と思うことしかりであります。
Edit直江津駅
直江津駅、、、3月14日からはどんなふうに人が動くのかな。

私の足も、遠のく気がしています。
今まで、出かける時は必ず(駅の人)で写っていたのに。。。

新しい(ときめき鉄道)に頑張ってもらいたいです。
EditRe: 直江津駅・・・アイハートブレインさん こんばんは
今年のダイヤ改正と北陸新幹線開業で上越地区のJRも変わるだろうと昨年中に
県内のJR駅を全部回りました、上越地区、ほくほく線、信越本線、北陸本線では
「特急はくたか」が見られましたが今後は消えると、それもありまわりました。

当然駅風景も変わるものかと、一番変わるのは脇野田駅、2番糸魚川駅、3番塩沢駅、4番は直江津駅かもしれませんね。

僕は新潟市なので北陸新幹線は全く関係ない、乗る機会ないなあと思っていたら
新潟⇔高崎 は上越新幹線、、高崎⇔東京 は北陸新幹線なら 乗れるんですが、、
年に1度くらいの上京、、、、どうしようかと迷ってますわ(^^ゞ

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >