冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 雪景俯瞰


ビュー福島潟から俯瞰北東方面と真雁




ビュー福島潟から俯瞰北東方面雪景




俯瞰北方面、東港火力発電所の煙突


俯瞰した雪の田んぼの上にはところどこに渡り鳥のガンかカモが見えた。

遠くに見える、新潟東港の東北電力火力発電所の煙突。
冬場は日本海からの北風で煙は陸へと流れる。あれが春に近づくと風向きが変わり西(左)から東(右)と流れるようになるので、
遠くからも見える煙突の煙で季節を感じている。


関連記事

Newer Entry◆ 胎内市、雪国の冬の海

Older Entry◆ 福島潟での楽しみ方

 

Comments
Edit人の心も・・・
”にゃん太郎”さん、お早う!!

雪一面の銀世界ですね。 純白の世界って、本当に美しい。
人の心も、汚れを知らない純白であれば良いのですが、大人に成るとどうしても心は汚れる。 本当に悲しい現実ですが・・・
EditRe: 人の心も・・・夢旅人さん こんにちは
こちら雪の風景も食傷気味であります、
とはいえまだまだこちらよりも凄い豪雪地から比べたらありがたいくらいの積雪なのですが
それでも何につけて適度がいいようです。

なので僕は雪のある所でなく、ないところへと今年は通ってます。
それは純白、純粋でない小生にとって色のないような草木の枯れた風景があっているのやもしれませんねヽ(;▽;)ノ

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >