FC2ブログ

◇ 師走の穴ふたつ

犬山にゃん太郎


弁天




弁天の空


先週末、旧友の訃報を知りお宅へ仏壇参りをした、「俺と同じ歳じゃん。」とそう思うと行くまでは実感がなかったが、
祭壇の黒い額縁に入った旧友の写真の顔を見て背中にジーンとするものが走った。

その数日前から仏壇参りは予定していたので 「週末には仏壇参りに行くぞ、行くぞ。」と思っていたせいか当日の夢に午前11時20分発のバスに乗って
紆余曲折しながらも友人宅まで行く内容の夢を見た。


駅前楽天地のビルの谷間




駅前楽天地




駅前楽天地


しかし、実際に行ったのはマイカーであり、出掛けたのも昼1時頃だった、そのせいか祭壇前に手を合わせても死んだ旧友からは言葉はなかった。
当人は死んだんだから当たり前だけれども、僕よりもずっと若くして死んで行った若者の墓を参った時「よー来てくれなさったねえ。元気してましたか?」と聞こえた記憶がある。


新潟駅南口




新潟駅ホーム風景




新潟駅北口前


そして家に帰り、はいていた靴下に五百円玉より大きい穴が両かかとに空いていたのを発見した、いつもは派手な靴下をはいているので、
今日ばかりは地味にと変えて行った。祭壇に手を合わせている時、しっかり僕の後ろに友人のお母さん、娘さんがいたはず。
後ろから祭壇で手を合わせている僕の靴下の穴を見てなんと思っただろう。
あとで「靴下の穴大きかったねえ。」なんて話になり、僕の印象が「穴の空いた靴下の人」となるんだろうかと想像すると、想像もしたくないが、
そんくらい大きい靴下の穴であった、それも二つ、真っ赤で派手でも穴が空いているよりましだった。

もし靴下をはいて人前で座るような場面があったら、その前に穴が空いてないか自分の靴下の裏を見た方がいいです、、、、経験者は語る。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 6

There are no comments yet.
まり

済みません お腹を抱えて笑ってしまいました ^^

ハムの人 とか お歳暮シーズンいらっしゃいますが にゃん太郎さんは絶対に靴下に穴の人って 呼ばれていますよ ^^

良いではないですか 人の記憶に ずっと お写真のように残って行くんですもの

6枚目のお写真 手前で 身振り手振りを交え 力説しているのは何のお話か・・・
ちょっと気になる私です

  • 2014/12/26 (Fri) 00:30
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: まりさん こんばんは

俺、、、なんだか不謹慎なやつだと思うでしょう。
小さい穴ならいざ知らず、五百円玉より大きい、、それも両足の靴下。
絶対あとで、笑われてますよねえ、、、暗い雰囲気になっている家庭にちょうど良かったでしょうかね。

訃報は突然やってくる、初めてそれを耳にした時は「うっそー!」と言いつつ目が広がりました。
それから後で仏壇を参りをしたのですが、、、そこまでは悲しい雰囲気に浸っていた僕 (T▽T)

家に戻って靴下の穴に気がついた時は、、、顔から火が、、、、(//∇//) でありました。

6枚目駅前広場での力説内容は、たぶん ↑ のようなことに気をつけろ、、、ではないでしょうかねえ。


  • 2014/12/26 (Fri) 00:46
  • REPLY
菅原しずか

こんばんはです♪

たぶんその友人の方が、その靴下を履いて行って
家族に笑いを与えてくださいという事だったんでしょう。
ですから、祭壇での言葉はあえてその方からの言葉はなしだったのでは。
だって、その亡くなった方も笑いをこらえながら、
ありがとう(その靴下履いてきてくれて)などとは、
その時には言えなかったはず(笑)

う~ん、靴下の人。。インプットされました^^

犬山にゃん太郎
Re: 菅原しずかさん こんばんは

自分で云うのも何ですが、マンガ的ですよねえ。
小さい穴でなくデカイ穴ですからねえ。
あそまでデカイ見事な穴は大人になってから見たことがない(・・・子供頃はけっこう周りで見た)。

滅多に履かない靴下だから穴も気がつかなったと言いたいのですが、
あれだけ大きい穴ならその前から気づいていてもと思うですが
気がついたのは、祭壇を参って家に帰ってから、、、、、。

これって菅原しずかさんが仰るように亡き旧友が履かせたのかもしれませんね(T▽T)。。。

  • 2014/12/26 (Fri) 01:31
  • REPLY
AzTak

わざわざ訪ねてもらって、ご友人も嬉しく思っていることなんでしょう。『去るもの日々に疎し』どころか、『すぐに知らん顔』のご時世ですから。

身の回りで亡くなられるとショックな年回りなのでしょうね。私はそういう時期を過ぎて、そんなに早すぎもしない死を迎える人が出てくるようになりました。

犬山にゃん太郎
Re: AzTakさん こんばんは

> わざわざ訪ねてもらって、ご友人も嬉しく思っていることなんでしょう。『去るもの日々に疎し』どころか、『すぐに知らん顔』のご時世ですから。
> 「去るも日々に疎し」ですわ、20数年ぶりに会ったのは祭壇の写真ですわ。


  • 2014/12/26 (Fri) 21:47
  • REPLY