冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◇ 中村浜の1本の木


中村浜の一本の木




胎内市の浜辺の落葉した木


「犬も歩けば棒に当たる」、猫歩けば木に当たる。
”Simple is best.”のようなモデルのような一本の木を見つけた、スラリとして枝の張り方は、派手さはなく実にシンプル、なんてカッコ良いんだと見上げる。
人間の婦女子なら「カッコイイ」と感じてカメラを向けらないが、これなら誰からも文句なんて出ないだろうと、まわりを見れば砂丘の畑、
その畑のネギやタバコの葉っぱと雑草ばかり、文句どころか見ている人間なんて誰もいないんじゃないかと、僕がこうやってカメラを向けると
「これはどう?」てな具合でポーズをしてくれたような見えた。


関連記事

Newer Entry◇ 胎内市中村浜の一期一会 風車の見える丘

Older Entry◇ 胎内市の砂丘地

 

Comments
Edit
素敵な1枚です
これから来る 凍てつく冬の寒さに
真っ向から 立ち向かって行くと言う
強い命の迸りを感じます
凛として 大地に立つ
人も こうありたいものです
EditRe: まりさん こんにちは
本格的冬を前にして、最後のような良いお天気
そんな中で砂丘地の高台でかれた1本の木が目に入りました。
葉っぱが落ちて寂しい風景になってましたが
それでいて、すらーと立っている様は仰るように凛としたような立ち姿
なにげな気持ちで見つけた木ですが、
この木は「今は、どうしているだろう?」という僕の注目の木になりそうですわ。

すっかり冬の季節、ここ数日雪ちらつき寒さも本格的なってきました、
ご自愛くださいね。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >