冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 寺町堀踏切跡とトラテープ

旧寺町堀踏切



旧寺町堀踏切



寺町堀踏切と日の出町陸橋


トラテープの柵のない頃からカメラをぶら下げてよく来ていた、以前踏切もしっかり生きていたし、線路も当然あった
列車は通過しなくなった線路だが、
僕はここを見たり思い出すと記憶はしっかり貨物列車が走っている、そして踏切の遮断に引っかかるたびに、「運が悪いなあ。」とたぶん当時は思っていたはず。
今はその近場に寺町があり、写真だって十分に被写体になるものがたくさんあり、沼垂東へと行けば、これまた味のある町並みがある。


寺町の路地


まさかにそんな「運が悪いなあ。」と思った踏切を撮りに通うとは当時の僕は300%も頭になかったはず、
廃線になってから愛着を感じるようになるとは、もったいないことしていたのだと、今は思う。


関連記事

Newer Entry◇ 錆びた建物の風景

Older Entry◇ 日の出町陸橋下あたり

 

Comments
Edit
今にも貨物輸送を再開しそうなくらい痕跡が残っているんですね。その可能性はごく低いことでしょうが。
ビルのあいまに漸くへばりついている感じより、廃線でも十分存在感が有る状況のほうが、精神衛生上はいいなあ、なんて思ったりします。
EditRe: AzTakさん こんにちは
再開、、、かえってコストがかかりそうですね。
ボクとしては良い被写体だったので、線路が取り外されて行くのはちょっと寂しいです。
とはいうもの、廃線になって何年もそのまま、線路のレールだって鉄、、もったいないなあと感じたんでがね。
EditRe: 鍵コメさん こんにちは
踏切、急ぐ時は引っかかり、急がない時間を持て余すような時はなんなく通れたりしませんか(笑)
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >