冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◇ おかめ小路と御役所小路 中央区鏡が岡


おかめ小路




おかめ小路から栗の木バイパス




御役所小路


一枚目は、「おかめ小路」、この先は栗の木バイパスになっていて、昔は沼垂からの抜け道で車でよく通った。
道が細いので一方通行なのだが、免許取りたて状態で運転が未熟の頃は、「ここ抜け道だよ。」と上司から教わったが道幅は狭く、通りから左折する時や、
おまけに新車だった時は通過する時はヒヤヒヤ状態で、尻が浮いているような感じの運転だったが、まさかに「おかめ小路」なんて通り名があったとは
出来たら通りなくなったが、路地好きと、近道などの理由で通った、まさかに歩いてみる日が来ようなどとは思いもしなかったが、歩いてみると結構広いく感じた。
このあたりも新潟駅橋上化沿線工事のため、移転や空き地が目立ち雰囲気がヒヤヒヤ運転していた頃とは変わった。

関連記事

Newer Entry◇ 日の出町陸橋下あたり

Older Entry◇ 新潟市中央区鏡が岡 酒造所のある風景

 

Comments
Edit
おねえちゃんの歩いている後姿と、若者のランニング姿が印象的。物騒な通りではないのでしょうね。
EditRe: AzTakさん こんにちは
物騒な通り、、、そんなこと思いもしなったです。
Edit
にゃん太郎さん、おはようございます♪

ここの路地には床屋さんがあるんですね。
住宅が並ぶところに、あのくるくる回る看板がある風景は面白いですね^^
最後のお写真を見ると、向かい側には神社があるのかな・・・

抜け道、知っているとちょっと誇らしげな気分になるのはなぜなんでしょうか(笑)
昔住んでいたアパートの近くで、家と家の間が人一人通れるほどの道を発見。
思い切って通り抜けてみたら公園へ行く近道でした。
いい道見つけた!と、得した気分になって嬉しかったですよ~。
にゃん太郎さんはそういう経験がたくさんありそうですね♪
EditRe: Mikaさん こんばんは
床屋さん、長屋の一角にあるような路地の床屋さんあります。
床屋さんって定年がないのでいつまで商売が出来るのが、
次から次と若い世代が新しく床屋を開店、床屋の数は増えていく
当然、早くからやっているお店は、お客を取られたり、長く贔屓のお客は亡くなってしまったり、
亡くならなくても、髪が薄くなったりして、客足減る、、、そうやって淘汰されていく。
そんな光景を目にするとちょっと切なくなりますが、そんな路地の床屋さんもそうですよね。

抜け道は、知っているの誇ろらしげになると、車に人を載せてそんな抜け道をはしると
「よく知ってるなあ (´∀`)」などと言われると、、、、僕の内心は「うひひひ」であります( ´艸`)ムププ
東京神楽坂に人がひとり通れるくらいの路地があるんですが、
遠い新潟県の人間でありながら知っているばかりか、そこを歩いたりする、
そんな時が僕は実に誇らしくもなる、それが路地が好きなひとつの理由なのかもしれませんね。
Edit
こんばんわ
いつも犬山にゃん太郎さまにしか撮れない世界を
拝見させて頂いております、
凄いですまじで

3枚目のお写真がとても好みです。
いろんなことが想像できます
少年のボケ具合と影と走る姿が
たまらくいい感じです。

そして
「羊に歩み」をリンクして頂いたのに
勝手に新しいブログへ引っ越ししてしまい
失礼いたしました。
EditRe: リアルエイジさん こんばんは
こちらこそ、拙いブログでありますが、
いつもありがとうございます。

スナップて云うのは、狙って撮れるものではありませんよね、
チャンスはその分は足で稼がないとですよね。

とはいえ、足で稼ぐ前に、シャッター切りたくて、切りたくて
禁断症状が出てきます。

都会のビルの谷間の撮り歩き、良いですねえ、
ローカル街の人間としては羨ましいです。
本日も撮りに行ったですが、お寺ですよ山のお寺 (^^ゞ

Edit
「まずは、冬来たりなば春遠からじ zero」の
お写真拝見しました。
撮影スタイルがちょいと違うような?
東京編は僕と同じところに訪れていますね。
びっくりしました。
てか、凄い描写
EditRe: リアルエイジさん こんにちは
> 「まずは、冬来たりなば春遠からじ zero」のお写真拝見しました。

お恥ずかしい、遠い過去のような写真まで見て頂いて、嬉しいやら恥ずかしいやら
カメラを始めたころのブログ、今ではお出かけ用カメラも6代目。
ですが、今でも時々カメラに夢中になり始めた頃のカメラ目線はすごいなと感じるものあります、
年月を重ねると道具、技巧、構図、理論など色々なものが頭に入ってきて
時々写真そのものは上達していても、楽しいとか感動とかそんな感情は昔のが方があったかなあと思います。

東京、年に一度くらいカメラを持って出掛けます、新潟は冬の間は光は弱く
お天気も悪い、なのでストレスも溜まってくるのでその発散を兼ねて東京へ
実に刺激的であり行く以上は計画はてんこ盛り、ほんとあちこち出かけて来ますが、その目線は初心に戻った頃のような視線になれますわ、、、、観光客目線ともいかもしれませんがね(笑)

Edit
カメラ6代目ですか!
カメラ歴長いんですね
僕は始めたばかりなので足元に及びませんがw
犬山にゃん太郎さんってすごくいい人っぽいので好きです
お写真も
そっち系じゃないのでご安心をw
EditRe: リアルエイジさん こんにちは
カメラ歴は台数でも、年月でもありません、
センスと頭脳だと思います。
僕は頭が悪いので、前回の反省点とか次回に応用とか
まったく活かせてません、どころかそんなことすら忘れて撮ってまして
「今日も、反省ばかりだった。」とそんな週末、休日の晩であります。

僕も、リアルエイジさんがそっち系でないことを期待します 人(´-ω-`)
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >