冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◇ 雀林の秋、柿の実のある風景


柿の木と磐梯山




会津盆地風景




雀林の柿の木


偶然なのか干し柿を吊すくらい柿の収穫量が多いせいか「柿の実」の位置が低いことに気づいた、柿の木の品種もあるのだろうが、
以前当家にあった柿の木は高く、柿の実を取るとなるハシゴを掛けて取るにしても怖いような位置にあったし、物干し竿に網をつけて収穫した記憶がある。


田んぼ


他でも見ると柿の木の高さは同様なんだけれど、ここで見る柿は、みんな木の高さが低くて柿の実は当然手の届く位置にあり、高い位置になっているものでも
脚立に上がれば取れるくらいの高さ、そして枝ぶりが実に芸術的なものが多いことに気づいた。

そして、その先には、会津若松の街、磐梯山が見え、偶然にも遠くに見えるJR只見線に3両編成の列車が通過、僕は「来たなあ。」と小走りで寄った。


関連記事

Newer Entry◇ 会津美里町 中田観音

Older Entry◇ 葱畑にはコスモス咲きけり 会津美里町雀林

 

Comments
Edit
おはようございます^^

モノクロ写真。。。趣きがあって素敵ですね・・・

これから寒い冬に徐々になって行くそんな感じが表現されているように感じました・・・
素敵なお写真ありがとうございました♪

良い一日でありますように・・・
EditRe: Paganiniさん こんにちは
写真を撮りに行くと、ここはモノクロだなという目に入ってくる光景、風景を感じることがあります。
またカラーよりも時に白黒階調幅も広いのでカラーよりも雰囲気を伝えるのに良い場合があるのかもしれません。
これを撮ったのは10月、、、リアルでここ雀林では干し柿の風景になっているかもしれません。
その冬の光景を追うかどうか、ちょっと迷ってますがお天気次第/(-_-)
Edit犬山にゃん太郎さん
一枚目のお写真
水草の中から柿の木が浮かび上がるが
ごとく感じます
現実の世界を描写されていることは
理解していますが・・・
それでも 尚且つ 異なる世界を
連想させてくれます
異次元の秋の世界にご招待有難う

Editこんばんは^^
モノクロで静かな情景ですね~^^
日本の原風景というか、とても懐かしく思います。
なんか、ホッとするお写真です(*^_^*)
Editこんばんは
たわわに実る柿の実が深まる秋を告げていますね。
早く食べてよって言っているみたいです。
EditRe:りら姫 こんばんは
柿の木はあっても、柿の木畑は新潟にはないなあと思ってましたが
先日、山奥で見つけました、、、、、ブログ更新にはまだ先になりそうですがねヽ(;▽;)ノ

家族揃って柿をもいでいる光景がありましたが
やっぱり思い出すと木の高さはイチジクの木並の高さ、
収穫しやすいように改良、剪定しているのかもしれません。

先日長野の小布施に行った時も名産が栗、
あちこちに栗畑がやっぱり高さが高くない。

そんな風景収穫用に高さの揃えられた木々の光景は
初めてであってもどこかで見たような、、、、そんな気分にさせました (´・ω・) うんうん。

EditRe: jujuさん こんばんは
そうですよね、モノクロって静かな情景を感じさせますよね。
だから僕はモノクロにこだわっているのかもしれません。

落ち着く風景であります、時に車を傍らに停めて、にぎり飯でもほうばり
お茶を飲みながら無心に眺めていたくなる光景でありました。

EditRe: ウィングレットさん こんばんは
たわわに実る柿、、、、そうですね、
僕は干し柿の風景を期待して行ったのですが時期尚早でがっかりしていたのですが
柿の実のある風景だと思えばジャストインタイムな光景だと、今頃思いました。
思いつかせてくれて ありがとうございます。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >