冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◇ 燕市の裏通りを歩く



東太田の一品料理やきとり


燕市の裏通りを歩くと僕は”昭和が残っている”いるようで、でも昭和ならあちこちで子供が遊んでいたり、人が歩いていたりするもんだが
などと考えながら歩いていると、突然のように曲がり角から人が出てくるとビックリしつつつも、「そうだよなあ。」となんだかほっとする。


角の板塀の蔵




東太田


やっぱり今は現代、車中心社会になり繁華街というかショッピングをするのは郊外へと移ってしまって、町の中には人の姿がなく寂しさはあるけれど、
初めてこの燕の町を歩いてからはどこか懐かしい雰囲気で僕のお気に入りになった、メインはなんと言ってもサンロード宮町の全天候型のアーケード、
そしてその入り口にある派手な黄色看板の喫茶ロンドンがあるから、今年春からそのアーケードは老朽化で撤去され、黄色看板の喫茶ロンドンは残っていたけども
右の靴がなくなり、もう一方の残された片割れの左の靴が玄関にポツンとあるような感じに見えた。

当日はお祭りだったので、普段の町風景撮りの僕は撮らなかったけれども、時期をずれして再度訪れるかと思ったら、お楽しみは今度に残して、
ならばと急遽隣の三条の町へと走った。

関連記事

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/15(水)  00:03 |
  2. 情景・モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<◇ 三条市本寺小路の東別院門前 | ホーム | ◇ オヤジ、センチメンタルに燕をさんぽする>>

コメント

土蔵の防火扉の雪よけの板囲いが朽ちかかっている様が、興味を引きました。そのうちには修理しなくちゃと思いつつも、まだ大丈夫とばかりに何もしないでいる。人間の心理そのものの発露のようです。
  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. AzTak #ba33.0Zs
  4. [ 編集 ]

写真を見ると思い出すことばかりです。

近所にはお風呂屋さんがあり、ガキ大将を先頭に行ったものです。

そう、いまでは全く見られないラオ屋さん、キセルの修理をするおじさんが車を引きながらピーピーと音を鳴らしながら横町に来たこともありました。

又、金魚屋さんが天秤を担いでしょっちゅう来ていましたよ。今は懐かしいことばかりです。

写真は思い出を呼び戻すよい手段ですね。

よい写真ありがとうございました。
  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. hide2007 #-
  4. [ 編集 ]

Re: AzTakさん こんにちは

修理ですか、いつかも別の箇所ですが、管理とかそのようなコメント頂きた記憶があります。
撮っている本人は、まったくそんなことも思いません、ただただ、被写体として「いいねえ。」を撮っているのですが、
見る人が見るとそんな所へ目線が行く、僕がそんな目線になるのはいつのことやら(^^ゞ

  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

犬山にゃん太郎さん

二枚目のお写真にある
右手の家の二階にある
木枠がとても不思議であり魅惑的です
これは何のためでしょうか・・・
その使用目的が何にせよ
被写体として魅惑的です
  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. 香月 りら #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

Re: hide2007さん こんばんは

まずは最近ならTV/映画のロケ地に使えそうな燕の町、洋食器の町として歴史はあります。
それも大きい工場もありますが、下請け、孫請けなど家内工場的な所がたくさん見られますが、
新潟県あちこち行ってますが、ここは珍しい風景であります、
とはいえ、アーケードが老朽化で撤去で(賑やか町なら新たに造り変えるのでしょうが、今はそこまでの力はない)、
ここの商店街も雰囲気が変わってしまいました、町風景を撮って歩いていて寂しく感じます。

ここ同様に出来たらもっと活気のあった頃に訪れれば良かったなあと感じる町風景をたくさん見てまし、
お気に入りの町の部分的な被写体も減ってきてます、
あと10年、20年、して自分の撮った写真を見て「昔はこうだったあ。」っていうのも
なんだか寂しいような気もしますわ。



  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 香月りらさん こんばんは

2枚目、蔵のまわりを風雪、雨で傷まないように板で覆っている、
本来の中に蔵が傷まなければ外装というか囲いが多少傷んでも問題ないのかと。
りらさんの言われるのは、そんな蔵の窓の扉部分を雨風、風雪で傷まないようにと板で囲ってあるようです。

蔵自体は、壁も厚く頑丈のはずなんですが雪とか多い地方では傷みは早い、
秋田県の角館も蔵が多いですが、ここよりも雪深くやっぱり同じように蔵を板で囲ってありました。

  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

にゃん太郎さん、おはようございます♪

燕市シリーズ、変わりゆく街を思う
にゃん太郎さんのお気持ちがモノクロ写真を通して伝わってくるようでした。
昔懐かしい路地、でもちょっと寂しい感じもして・・・
ここら辺に住んでいる人たちは昔に比べたら少なくなったんでしょうね。
それでも、最後のお写真にある祠は
きちんとお花が供えられたりして
今でも大切にされているのだろうな、という感じがしました^^
  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

Re: Mikaさん こんばんは

写真を始めた頃は、ただただ山、海、川、花、雪、雨、建物、と色々撮ってましたが、
いつのことか、自分の撮るものが漠然と「これなんじゃあ?」と思えるようなってたんですが、
他ではあまりそんなテーマは見なかったので、人のやっていないこと出来る程の小心者の僕は無理、
隠れて撮っていたのようなあんばいでした。

やっと「俺はこうなんだ。」とテーマも決まってまりました。

前置きが長くなりましたが、それゆえに見えてきた光景、風景であり、
モノクロはそのまた一歩前進であります・・・・・・・な~んてね ( ´艸`)ムププ

  1. 2014/10/15(水)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanta2030.blog.fc2.com/tb.php/1030-1800ac60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1145)
情景・モノクロ (221)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (21)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (127)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (18)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (45)
奈良・情景 (87)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村