FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 10 2019

Category: 山形・情景  

◇ 「山形県の駅」 JR羽越本線「吹浦駅(ふくら)」

羽越本線吹浦駅

何年前だかに初めて訪れて「吹浦駅」は知っていたけど、ここを訪れて「吹浦」は「ふ・く・う・ら」でなく「ふ・く・ら」なのだとわかった。
それまでは時折「吹浦行」の列車を見て「ふ・く・う・ら まで行くのかあ。」だと思っていたの「ふ・く・ら」だったのにちょっとショックだった。

吹浦駅待合室

JR羽越本線の吹浦駅待合室、昭和の建物に椅子、改札口のデジタル表示のお知らせ版、その上の時刻表、平成のパーツをあちこちに
はめこんだようだった。しかし、ここの乗車証明書発行機はあちこち白く大きく変わっているけれど、まだ昔まま、大きく威圧感のあるものこちらが好きである。

吹浦駅1番ホーム

吹浦駅1番線、駅の改札口を出た目の間のホームがだいたい1番線、でもその1番は「上り」とか「下り」とは決まっていない、駅によって違う。

羽越本線吹浦駅ホーム景

跨線橋から見える向こうの光景に、ここからも鳥海山緩やかな裾野が見えた、景色が良いからって訳ではにと思うが、跨線橋の廊下に
クロアゲハが2匹がガラス窓に向かってパタパタと一生懸命外を目指しても、見えているガラスの向こうに行けずと疲れているように見えた。

吹浦駅2、3番ホーム

その2匹とも、窓を開けて出してやると、感謝も表さずパタパタと飛んでいった。
良い事したようになった僕は階段を降りると、どことなく足取り軽く気分を良くなり見えてる風景もどこも「いいねえ。」に見えてきたアゲハ効果だな。

2番線ホーム待合室

線路の奥見える高架橋は、国道7号線そこを走れば駅は離れているけれど見えるはずなのだが、秋田方面を目指して走っていると
左に見える吹浦駅よりも、右側大きく見える雄大に横たわる鳥海山に目が行くので、見たことがないのもあり、ここから国道が見えたのかあだった。

吹浦駅から鳥海山が見える

駅名、どう見て「吹浦(ふくら)」、「遊佐(ゆざ)」、「女鹿(めが)」、「ふくうら、ゆうざ、めじか」、ところが違えば呼び方、読み方も変わる。

吹浦駅改札口前

1番線の改札口前、改札口前を開けると海に近いでの北風がゴーゴー入ってくるのだろう、だから改札口開けても寒風が待合室に入らないように
その前は風防になっている。かなり乗降客に優しい造りである。

吹浦駅



吹浦駅2番線

駅撮りしているのに、ほとんど電車に乗らずマイカー移動で撮影、申し訳ないと思っていたものあり、10月からキャッシュレスポイント還元もあり
「スイカ」をつくった、チャージして買い物も出来る、僕はチャージで使ったのが駅の売店とかでなく街のセブンイレブンだった。
初めて使うの時緊張した、高校時代にエロ本を買う時のように僕はドキドキしながら「スイカで!」と店員さんに言った。
その後で初「ペイペイ」も買い物で清算は、その時はカードでなく、スマホを開きセットしてからでもあり3倍は緊張した、店員の茶髪のオネエチャンの笑顔と親切対応で僕は実に緊張は極楽に変わった。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >